Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

[無事に]たねくら市[終了]

2014年5月11日(昨日)に、以前より告知しておりました「たねくら市」が神戸サンボーホールにて開催されました。
今回の趣旨はざっくりいうと種親の販売と言うことで、会場内の至るブースでアダルト個体が展示・販売されていました。
自分のお目当ての種類はいなかったり、性別が合わなかったりで生体の購入はしませんでしたが、いくつかのブースでかな~り気になる個体がおり、我慢するのに必死でした(クナシリ・・・で分かる人は中々のマニア)。
生体ではありませんが、下記パネリストの一人である安川先生には激辛トウガラシの種子をいただきましたので、今後はブログでも成長過程を載せていきたいと思います。

15時から行われた緊急座談会「どうすりゃいいの?ミドリガメ」では、ぶりくらでしか実現しない錚々たるメンバーの熱い議論を聴くことが出来ました。
パネリストの紹介、アカミミガメとは、から始まり、アカミミガメが生態系に及ぼす影響や、特定外来生物に指定された際に起こりうる事態の予測など、リオグランデアカミミガメを飼育している自分には深く考えさせられる内容となりました。

沢山の方から、「今回は出店していないの?」とお声をかけていただきました。
10月のぶりくら市、11月のとんぶり市ではコーンは勿論のこと、その他のナミヘビも持って行く(繁殖に成功すれば!)予定ですので、どうぞよろしくお願いいたします!!
category
イベント

画像upが出来ないのでブログは放置気味ですが、コーンたちは冬眠から無事に目覚め爆食中でございます。
昨年に作出しましたバブルガムxウルトラメルアネリの子供がだんだんと成長してきましたが、目を見張るようなピンク色を発色しており、お父さん(バブルガム)の遺伝子を見事に受け継いでいる表現系となってきました。
昨年はお試し価格での販売をしていましたが、今年からは成長した兄弟を展示するとともに、気合を入れてこの系統を改良・販売していこうと思っています。
前回のブログでも申し上げましたが、今年はまだ子供がとれておらず、また、昨年の個体は残っているもののブースを出すほどもいませんので、たねくら市はお手伝いのみの参加となりそうです。


ど~~でもいいヘビ以外のネタですが・・・最近断食に挑戦してみました。
とりあえず期間は3日と定め、固形物は食べないというルールで開始しました。
1日目:空腹感と頭痛(天気も悪かったのでそのため?)で心が折れそうになるものの、夜には落ちつく。
2日目:空腹感はあまりなく、体調も良好。夜に目がさえて寝れない。
3日目:体重が明らかに落ちているのを実感(色々な人からも指摘が入る)。体調は問題ないものの、同じ姿勢でいると手足がすぐに痺れる。感覚が敏感になる(においとか)。

4日目からは、すこしづつ食事も取り始め、全体の感想としては仕事にも悪影響はなく思っていたより苦ではなかったなと。
体重はきちんと計っていませんが、一緒に挑戦した後輩は-3kg(85kgから82kg)の大減量でした。
ネットでは断食について色々な情報が錯綜していますが、体調管理に気をつけて行えば健康にもいいのではないかと思いました。
これから断食をされる方の参考になれば幸いですが、悪影響についてなにがでるかなでは一切責任を負えませんので、行う際は自己責任でお願いします。



今週末はたねくら市へ!!

0003518M_201405081101120df.png
category
イベント

[三大学会?]分子生物学会に行って参りました!![のひとつ]

本日は爬虫類と関係のない記事・・・を書くつもりでしたが、意外なところに接点がありました。

話は12月の3~6日、今年の締めくくりにと、分子生物学会への参加(ポスター発表)を予定しておりました。
日本中、海外からも沢山の研究者達が集まる(約8000人)お祭りのような学会で、勉強しに行くのは勿論のこと、ホットな研究、マニアックな研究、面白い生き物の研究、研究にまつわる政治的な討論や、はたまた企業の製品サンプルがもらえたりと非常に楽しい(学会後は打ち上げ)催しとなっています。
今年の年会長は日頃よりお世話になっております、近藤滋先生が務められており、研究以外のイベントでも大変楽しむことができました。
特に目を引いたのが、学会の中に様々なアートを盛り込んだ企画でした。
ポスター発表を見て回っていると、ど真ん中に何やら怪しげなブースが配置されており、よくみるとそこには見たことのあるフィギュア達が・・・
131204_160107.jpg
なんと!!ぶりくらともゆかりの深いアクアプラントの守亜さんが!!
沢山のアーティストさんが共同で出展されているようで、非常に興味深かったです(ポスターも見ないといけないし、他のアートも鑑賞しないといけないしで大忙し)。
結局、公務を優先した結果、時間内に大きな展示スペースを見に行くことは出来ませんでした

私は2日間だけの参加だったため、後になってから以前から興味を持っていた彫刻家のはしもとみおさんの作品も展示されていたのを知り、途方もない後悔にくれることとなりました
いつになるかは分かりませんが、大阪やその近県で個展が開かれるのであれば是非ともリベンジしたいと思います




category
イベント

[とんぶり市]皆様のおかげです!!@後半部[大盛況]

とんぶり市後半戦でございます。
131104_130532.jpg
開場後、暫くの間は人の波もなく余裕で歩き回れていたのですが、入場制限が少しずつ解除されるとともにおしくらまんじゅう状態に
会場の床も揺れていたような気がします・・・

とりあえず一回りして、いつもの買い物タイムを済ませ、袋を持ってブースに戻ると周りからは「また何か買ってる~~」との声が。
一年に一回のお祭りなんで、もう止まりません。むしろ神戸ではあまり買わなかったことに周りが心配しだす始末だったり

自ブースの方は、絶えずお客さんが寄って行って下さり、神戸と同様に盛況でした。
やはり多くの方のお目当てはブリザードやホワイトアウトで、東京でも白ヘビ人気は衰えることはありませんでした。
キーズブラッドレッドとバブルガムウルトラメルは、ごく少数のかたから御称賛いただき、作った甲斐があったな~と満足のいく評価をいただきました(少し残っている分はブログで販売予定です)。

東京のお客さんは、じっくりとブースに立ち寄って見て下さり、質問を沢山して下さる方が大変多かったです。
日頃爬虫類飼育者と会話する機会はゼロに等しいので、この機会に自分も色々な方達から飼育の情報を得ることが出来ました。

そして、今回も以前からお世話になっている方々と直接お会いすることが出来ました。
ブログでお世話になっている方(初対面!!)、以前にコーンをお買い上げいただいた方(飼育環境まで覚えてます)、爬虫類雑誌に載られるほど有名な方(熱帯魚方面にいた時から知ってます)の御来店もありました。
ぶりくらスタッフは数年やってきましたが、出展者としてはまだ2年目でして、これまで見えてこなかった新しい喜びをどんどん発掘しています。

と、こんな感じで今年も無事にぶりくらイベントを2つ終えることが出来ました。
スタッフとしての仕事に従事できる時間をもう少しやりくりしないといけないなと思いつつ、寛大なスタッフの方々に甘えてしまう癖をなおさねば!!







category
イベント

[そういえば]今年の動物取扱責任者講習[行ってきました]

そういえば、毎年恒例の動物取扱責任者講習に行ってきました。
毎年ブログには書いておりますが、あんまり楽しいイベントではありませんので、とんぶり市後半の記事の前に書き連ねておこうと思います。

場所は谷町4丁目、パスポートセンターの隣のビルで行われます。
犬、猫、鳥、爬虫類、どの動物を扱うかで区別などはなく、平日の真昼間から3時間半の拘束となります。
会場に入る前からため息をついてしまうぐらい、今年も爬虫類ブリーダーには興味の無い内容がメインでした。
1、毎年恒例の狂犬病
2、医療用医薬品
3、動物の皮膚病
4、施設の衛生対策
5、動愛法改正
全員に共通する内容は5番だけで、後は一般常識ないし専門分野のための知識といった感じでした。
最後に、何を目的とするためかは分かりませんがアンケートを書く指示がありましたので、実現可能そうなことを少しだけかいつまんで書いておきました。

後は、ちょっと気になったことですが・・・講義を聞く側、動物取扱責任者達のマナーが悪かったです。
こういう人達を一般の方が見て、「動物取扱業者は問題をよく起こす」と思われても仕方がない部分があると思います。
法律、ルールを守れないと明確な罰がありますが、マナー、礼儀を疎かにしたからといって罰はありません。が、自分を優先して、見ず知らずの人までをも不快にするのはいかがかな、と思いました。



せっかく遠出したので、帰りに寄り道してきました。
大日のイオンの中にあるペットショップ!!
総合のペットショップですが、熱帯魚を始め、エキゾチックも充実してます。
131021_172325.jpg人を見ると寄ってくるハリセンボン
最近、公私ともに熱帯魚の話題が多いので、また新しい魚を飼いたいな~とか思いながら・・・


で、購入したのがこちら(魚ですらない)
131028_155935.jpgやあ!!

今日まで暫く飼育してきて分かりましたが、アフリカツメガエル(アルビノ?リューシ?)ってめっちゃ飼育が簡単です。
これまでツノガエルの繁殖を目標に挑戦してきましたが、まずはこの辺からやってみたほうがいいのかもしれない・・・と思ってしまうほど。

131021_211019.jpg
動きもカエルのおもちゃみたいで、見ていて楽しいです

category
イベント

PING送信プラス by SEO対策

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村 ブログランキング
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。