遺伝あれこれ

親個体達は10月いっぱいまで冬眠に向けて絶食中です。
お腹の中をからっぽにして冬眠しないと、消化できずに体調不良になります。
ボールやグリーンパイソンも気温の変化を感じているのか、食欲が鈍っております。

私の飼育部屋兼リビングにはエアコンが1台設置されているのですが、どうも効きがよくありません。
おそらく、といいますか、絶対に埃がたまっているせいなのですが、中のほうの掃除の仕方がよくわかりません。
ホームセンターなどで売っているエアコンクリーナーで丸ごと掃除したいのですが、電気系統などにかけると壊れかねません。
個人ではやらないようにとエアコンの注意書きに書いてあるのですが、業者に頼むより安上がりなので、ネットで調べてみて出来そうなら自分でやってみたいところです。


遺伝あれこれといいますか、今回は地域変異について。
現在出回っているコーンは大きく分けると4つがベースになっております
一番基本のカロライナ、黒いブロッチの縁取りが特徴的なオキーティ、グレーの多いマイアミ、ブラッドレッドのようにお腹にも色がのるロージー(アッパーキーやキーズとも)です。
どんなコーンも大きくはこの4つをベースにしています。
ですが同じアメラニでも、これらのベースが異なると品種名やインボイス(売り名)も変わります。
例えばカロライナのアメラニ→アメラニ若しくはアルビノ
オキーティのアメラニ→リバースオキーティ
マイアミのアルビノ→キャンディケーン
ロージー→アルビノロージーなど

この辺で皆さま不思議に思われることがあるかと思います、「地域変異間での交配はどういったこどもが生まれるのか?」です。
私も分かりません
ですが、私はこういった地域変異同士の交配はしないように心がけております。何故かと言いますと、名前のつけられない個体が生まれてくるからです。例えきれいな模様の個体が生まれたとしても遺伝する保証はありませんし、そういったハイブリッド個体が市場に出回ると、またその血が市場に混じっていくかもしれません。
品種名として確立しているものはそれを守って行く方向でブリードしていきたいと思います。
地域変異同士ではありませんが、今や市場にも沢山出回っているクリームシクル(コーンxエモリーラットスネーク)やアルビノジャングル(コーンxカリフォルニアキングスネーク)など、ハイブリッドにも魅力的なものは沢山いるんですけどね~




スポンサーサイト
category
動物一般

Comment

Trackback

http://nanigaderukana69.blog.fc2.com/tb.php/56-37973bba

PING送信プラス by SEO対策

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村 ブログランキング
ブログランキング