とんぶり市感想

昨日、東京都産業貿易センター浜松町会館にてとんぶり市が開催されました。
来場者はなんと神戸のぶりくら市を超える1427名と驚きの数字でした。
会場でお声をかけていただいた皆さま、お電話を下さった皆さま、関係者各位・・・大変お世話になりました。ありがとうございます。

今年の会場内の雰囲気ですが、ヘビはボールが非常に豊富だったように感じました。
まだ殖やしたことのないボールですが、会場内にいるだけでブリーダーの方々のご利益をいただいたような気持ちになります。繁殖可能サイズの個体などはノーマルでも目をみはる美しさ、そして何より触らせていただいた時の重量感が半端ではなかったです。
コーンばかり見ていると、ヤングサイズぐらいのボールでも大きく感じてしまいますね。

カメは今回お迎えすることなく終了いたしました。何種類かミズガメはマークしていたのですが、あっと言う間に売り切れてしまい、まさに「買わぬ後悔よりも買う後悔」です
リクガメにいたってはハッチサイズが可愛すぎるため、衝動買いしないよう心を無にして見ていました。ヘビはプリンカップ等の透明容器に入れられて売られることが殆どですが、カメのブリーダーさんは容器まで凝っていて、見ているだけでも非常に楽しかったです。

来年は出品者として是非とも出場したいと思います。
が、こんな素敵な場を提供してくれるぶりくらは法律の改正で開催されなくなってしまうのでしょうか?
ビッダーズのオークションも12月で爬虫類カテゴリをなくすようです。
販売方法を含め、今後の販売形態を考えていかないといけない時期になってきました。
ご意見、ご感想はもちろんのこと、今後の展望など皆様の考えられていることをお教え下さい
スポンサーサイト
category
イベント

Comment

Trackback

http://nanigaderukana69.blog.fc2.com/tb.php/54-a65739a9

PING送信プラス by SEO対策

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村 ブログランキング
ブログランキング