fc2ブログ

[強制給餌なのに]オーロラハウススネーク[著しい成長]



職場でウルトラマンの話題が出たのですが、ヨーロッパではまり認知されていないようでした。
私も特撮は全く興味がないので詳しくないのですが、中国人の同僚は興奮気味にロシア人の同僚に紹介していました。
こういう話で盛り上がっていると、いつもオフィスの同僚たちがどんどん集まってきて「日本のサブカルは素晴らしい!」と称賛してくれるので、なんだかいつも嬉しい気持ちになります。

そこから話題は転じてなぜかミニ四駆の会話になり、中国人の同僚も昔遊んでいたことから、みんなで現在のミニ四駆についてYoutubeを見ることとなりました。
私も知らなかったのですが・・・最近のミニ四駆って見えないぐらい速いんですね・・・Σ(・□・;)
Youtubeを見たロシア人とフランス人同僚は、口をあんぐり開けてそのスピードに愕然としていました。
その後は駆動力は何なのかや、どうやったらこんなスピードになるのか等(知らんがな)、質問攻めにあうぐらい興奮していました。
ヨーロッパにミニ四駆を持ち込めば流行ること間違い無しなんじゃないかと思っています(案件ではない)。





前回のハムで訳アリとしてうちに来ましたオーロラハウススネーク達(♀♀♂)ですが、まだ全員強制給餌を行っております。
一週間に2回、どんなに忙しくとも欠かさず口にねじ込んで参りました・・・。
絶対に命だけは絶やさんぞ!!!と、強い意志のもと・・・






IMG_20240217_170341.jpg
IMG_20240217_170714.jpgきれいに成長してるだろ。ウソみたいだろ。強制給餌だぜ。それで。

IMG_20240217_221215.jpg


その結果、見た目的には滅法健康的にぐんぐん成長しています。虚弱体質のスケールレスコーン(アメルディフューズ)よりいい感じでは?・・・
本当はヤモリやカエルを試してみたいのですが、私の気力が底をついているため、無心で強制給餌を繰り返しています。





IMG_20240217_165805.jpg

最近では持ち上げて鼻先をつんつんすると自分から口を開けてくれるようになってきた気もします(気のせい?)。
それでも置き餌には見向きもしないので、ここから自力で食べるようになるにはやはり何らかの工夫が必要に思えます。
ブリーダーからも「自力で食べたらどうやったか教えてね!」と言われていますし、メジャーな種類ではないので解決法が確立されていないのも初心者向けとは言い難い理由の一つだと思います。
強制給餌のまま繁殖を遂げたなら、それはそれで話の種になりそうですが、面倒なので早く自力で食べるようにと切実に願います(-_-メ)





チャパナメラは、ブリーダーからの勧めをもとに冬眠前からペアを同じケージで飼育しています。
冬眠から目覚めた直後から、雌がバチバチ言わせている音が聞こえるので(雄が振られている音)少し心配ですが、共食いや噛みつき合いには発展しない種類なので(多分)、気長に見守りたいと思います。


そう言えばチャパナメラのブリーダー(アジアンナメラの有名なブリーダー)とはたまにFBのメッセで話したりするのですが、チャパナメラの親戚のleonardiを殖やしたからどう?とオファーをもらいました。
二つ返事で購入できる価格ではありませんし、チャパの繁殖にも成功していないので断りましたが、またまた私のヘビ欲を刺激する種が身近に現れてしまいました。
それにしても、このブリーダーは伝説級のヘビをバンバン殖やしていくので本当に凄い実力の持ち主なんだといつも驚かされます。
そして彼がメッセをくれた時、「貴重な種類だし、爬虫類マーケットで大々的に販売するよりは、きちんと飼育できる人に譲りたくてまず君に連絡したんだ」と言ってくれたのですが、この言葉でチャパの繁殖が成功していなくても何だか報われた気になりました。




スポンサーサイト



category
ヘビ(コーンスネーク以外)

Comment

Trackback

http://nanigaderukana69.blog.fc2.com/tb.php/294-9508db67

PING送信プラス by SEO対策

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村 ブログランキング
ブログランキング