FC2ブログ

[シシバナは]便利な時代が来たもんだ[人工飼料で長期飼育できたらしい]


日本のヘビ業界で活躍されている方達のツイッターをチェックしていると、シシバナが人工飼料を食べている動画がいくつか話題に挙がっているのを見かけました。
シシバナは人間の指でもお腹が空いている時は食べようとしてしまうちょっとおバカなヘビなので人口餌への餌付けはコーンなんかよりも簡単だろうと思っていましたが、また新たな時代が来るんだな~と感心しています。
人口餌を用いた累代飼育(繁殖)に関しての情報はまだないようですが、長期的に給餌しても問題なさそうだとのことで、これからシシバナと人工飼料が一般にももっと普及してきそうな勢いを感じました。

シシバナは毒があることを除けば、総合的にはコーンよりも飼育しやすいと思いますし、動きも遅いので(太短いのと体表がザラついているのでの掴みやすい)非常に扱いやすいです。
私はこれまで数えきれないほどヘビに噛まれた経験がありますが(主に給餌の際に餌と誤って噛まれる)、シシバナには一度も噛まれたことがないので、不注意な事故に関しても起き難い種類だと思っています(当社比)。



そういえば前回紹介したアバランチのスケールレスですが、表現型が自分の予想とかけ離れていたため、アバランチの表現型にどれくらいのバリエーションがあるかとネットで検索して勉強していたところ以下のサイトを見つけました。

https://info576953.wixsite.com/kettougyo-chinjyuten/product-page/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81cb%E5%80%8B%E4%BD%93%E3%82%B1%E3%82%A2%E6%B8%88%E3%81%BF%E5%A4%A7%E9%87%8F%E5%85%A5%E8%8D%B7
なにがでるかなとは一切関係ありませんので自己責任でご覧ください

まずこの個体はアバランチどころかコーンスネークですらなく、スノーのブルスネークなんですけど・・・
そしてこの画像は私が以前にブログで掲載していたものなので無断転載なんですけど!!!

P1000485.jpgP1000487.jpg元々ペアで画像を撮影しました。

P1000308.jpg
P1000309.jpg
P1000310.jpg
購入直後
ブルスネークはおちびでもコーンより体格がしっかりしています。



未だに爬虫類の通信販売を謳っているサイトをたまに目にしますが(対面販売は義務です!)、詐欺サイトであることが殆どなので皆さまもお気をつけください。
私も通販がOKだった時代に詐欺に合い(代金を振り込んでもクリアネイルのフトアゴは送られてこなかった・・・)、後日沖縄の警察から事情聴取のための連絡が携帯にかかってきてびっくりしたことがありました。
詐欺は論外ですが、通販に限らず信頼のおけるブリーダーやお店から購入するというのは少々個体の価格が他と比べて高価でも、初心者の方が後々のことを考えると非常に大事なことだと思っています。
スポンサーサイト



category
ヘビ(コーンスネーク以外)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2020⁄07⁄19(日)
  • 12:43

Re: タイトルなし

>Whitesnakeさん

こんにちは!
気圧の変化はきつい人にはきついですよね^^;
僕はかなり敏感な方なので、新幹線で大阪から東京に移動するだけでも頭痛がします(高速でトンネルの入ったり出たりがきついです)。
こちらはようやく夏の気候に落ち着いてきたので、ほっとしています。

ホームセンターにもシシバナって入荷するんですね~。一応毒蛇なので、専門店でない場合はちゃんと購入者に説明されるのかが心配です。
基本的にいつでもお腹の空いているヘビですので、餌くれダンスもコーンより派手で見ていて飽きませんよね。

ハンドリング最中に噛まれることは全くと言っていいほどありませんが、横着してピンセットを使わずに餌やりをしたりするので誤って噛まれてしまいます。
最近毒蛇を説明なしに販売したりして問題になったり、噛まれたことをツイッターで画像で挙げる人がいるので、噛まれた際に出来ることをまとめてブログに書こうと思ったのですが医療行為や何かの法律に該当するかもしれないので断念しました。
ポイズンリムーバーの話や、市販の抗生物質(ゲンタマイシンはヘビのトラブルにも効果的なので自分も常備しています)・抗ヒスタミン薬で防げる事故は結構あると思うので、常備しておくに越したことはないと思っています。

パルメット同士であれば子は100%パルメットで、ヘテロパルメット同士ならばその子は1/4がパルメットになります。
高価な品種は良くも悪くも一回の繁殖でがっぽり儲かるため、日本でも海外でも最初はホモ同士で子供を採りがちになります。
一方で現在ヘテロを採りつつ次世代にコツコツ備えているブリーダーもいますので、そういった人達がまた新しいコンボを丈夫な血筋で披露してくれると期待しています。

ブルスネークの手触りはシシバナに近くざらざらで、コーンよりも一回り大きいのと顔が( ・`ω・´)キリッとしているので迫力があって魅力的ですよ。
業界の人達は「雌より雄が多く産まれる」としきりに言っていて、本当なのか、また何故なのかが個人的には凄い興味があります。

インスタを拝見していますが、ちびパルメットの成長も本当に順調で1mもあっという間でしょうね^^
  • 2020⁄07⁄20(月)
  • 23:10
  • [edit]

Trackback

http://nanigaderukana69.blog.fc2.com/tb.php/223-2c90b9af

PING送信プラス by SEO対策

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村 ブログランキング
ブログランキング