FC2ブログ

[ドウキョウナメラ]成長記録・飼育情報の更新[Senticolis triaspis intermedia]


コロナの警戒レベルが下がり、まだまだ制限はあるものの職場にも人が戻ってきつつあるのですが、久しぶりに見た同僚達について気づいたことがひとつ・・・
みんな一目で分かるくらい太ったんじゃない!!??(直球)
日本の友人達もしきりに太ったと言ってはいるもののパッと見では分からないレベルでしたが、ヨーロッパの人達は速攻で気づくレベルでした(失礼)。
今日は職場に大きい荷物が届けられ、新しい研究装置でも届いたのかなとワクワクしていたのですが、イギリス人の同僚が私的に購入したランニングマシーンでした・・・

そういえばいつも行っている美容室の担当の方も体重がかなり増えたらしく、「マスクで顔を隠せる間に痩せないと・・・」と言っておられました。
皆さん気にしておられるようですが、いざ感染したとしても蓄えがあると予後も良好になるかもしれないし、ポジティブにいきましょう!



ドウキョウナメラは活餌にシフトしてから定期的に食べるようになり、成長速度もいい感じに上がってきました。

IMG_3332.jpgIMG_3330.jpg
斑紋は消えつつ、ついに頭から首筋にかけて高貴な感じの黄色が揚がってきた!
アウロキャピタータの頭と同じ色じゃないですか!?


それでも並行してコーンやシシバナを見ているからか、事あるごとに「丈夫な種類ではないな~」と感じています。
彼らは体長と比較して顔が小さく、コーンと比べても小さいサイズの餌しか食べることが出来ませんし、そもそも少しでも大きいと感じると食べること自体を拒否します。
また獲物を捕らえるのが非常に下手で、捕らえた後の巻き付く動作もぎこちないように思います。
これらのことから現在ではファジーまでの大きさしか食べることが出来ません(同じ全長のコーンであればホッパーより少し大きくても問題ないでしょう)。


身体は一般的なナミヘビ達と比べて少し硬いため大きめのケージで飼育するのが良いように思うのですが、いつまで経っても臆病なのでシェルターは置いておく方がベターな気がします。
飼育を開始して半年程になろうとしていますが、餌は私が部屋にいない時か就寝後に食べる習慣がついており、他のヘビ達のような餌くれダンスはこの先も見ることはないような気がします
ただし人がいてもかなり動き回っているところを見るので、「姿が全く見えない・何を飼育しているのか分からない」というような種類ではなく、観賞的にも楽しませてくれます(たまに音がうるさい)。

IMG_3334.jpgIMG_3335.jpg
撮影中もよく動くので顔が入らない!


こうやって新しく発見したことを書いていても、飼育面に関しては「面倒な種類だな~」と感じるようなことしか思いつきません。
しかしながら、それらネガティブな飼育要素を余裕で上回る魅力的な種類ですし、如何に気難しい種類を立派に育て上げるかもひとつの楽しみだと思っています。

スポンサーサイト



category
ヘビ(コーンスネーク以外)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2020⁄06⁄15(月)
  • 22:34

Re: ナメラーズ大きくなりましたね!

>Whitesnakeさん
こんにちは!
イタリアのデータからするとコロナに感染して回復したとしても、1/3の人は何かしらの後遺症が残るというデータを見てビビっています。
仕事には未だに結構な影響が出ていますが(爬虫類イベントにも)、私生活は大分元通りになってきたように思います。

ボールは苦渋の決断だったと心中お察しします。
ボールはそもそも気まぐれな個体が多いですし、インスタを拝見する限り私的には「上手に飼育されているなあ」と思っていたので、機会があればまたチャレンジしてみて下さいね。

インスタでアネリパルメットの画像を載せておられたのでもしやと思い新着個体の画像をまじまじと見たりしていたのですが、新しい個体は純パルメットなんですね。
先住のパルメットも大分大きくなりましたが、また成長させる楽しみが味わえますね!

こちらのイベントにも有名な爬虫類ショップの方達は毎回買い付けに来ていたので、日本への輸出も影響が出ているだろうなと思っていました。
ホウシャはこちらでもそこそこの頻度で目にしますが、日本ほど爆発的な人気はないように見えます。
日本人は「珍しいから欲しい」という人が結構数いるので、本当にホウシャに拘りのある人に購入されていけばいいのですが(そして繁殖してCBの飼育しやすい個体が市場に出回ることで野生個体の密輸等に少しでも歯止めがかかれば)、といつも思っています。
Whitesnakeさんのインスタは情報量が多くて参考になるため、ファンの方が増えているのでは?
ちなみにヘビに興味を持っていた同僚はオーストラリアに帰国してしまいました(涙)。
  • 2020⁄06⁄17(水)
  • 21:26

Trackback

http://nanigaderukana69.blog.fc2.com/tb.php/221-c0f254e5

PING送信プラス by SEO対策

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村 ブログランキング
ブログランキング