FC2ブログ

[年末は]おばちゃんに助けてもらった話&成長記録[慌ただしくなる]

最近、仕事を楽しんでいたお蔭ですっかり重要なことを忘れていました。
偶然気づいたのは11月の22日、人事部の人から「あなたのボスが契約更新の手続きをお願いしてきたのですが書類に不備があるので今すぐに用意してください」とのこと・・・
急いで確認したところ、なんと滞在許可証とパスポートが両方とも12月の1日に期限切れを迎えると・・・
パスポートは何とか更新できそうだけど、滞在許可証は期間的に無理・・・ と、自分では解決策を見いだせず、ドイツに来た当初からこういった手続きでいつもお世話になっているパワフルな人事部のおばちゃんに相談することに。
何がどうなったかはよく分かりませんが、正式に更新するまでは特別延長の措置を手配してもらえ、何とか乗り切れそうな雰囲気が出てきました(正式に更新するまではドイツから出たらダメとのこと)。
おばちゃん、いつも助けてくれてありがとうございますm(_ _)m


ペルシャナメラは雌雄で体格に大分差がついてきました。
元々シシバナやコーンに比べると食が細く、胴回りよりも大きな餌を与えると食べないことが殆どです。
雌はそれでも小さい餌なら高頻度で食べてくれるのですが、雄はスーパーシャイに育ってしまったので、人影をみると逃げてしまうし、そんな感じでご飯も残すことが多いです。
体色は成長と共により特徴的になってきており、雄は雌より明るく茶色味を帯びており、虹彩がオレンジで木工細工のような落ち着いた感じに仕上がってきました。
Untitled-1.jpgIMG_2967.jpgIMG_2970.jpg




雌はざらざらとした質感の鱗に黒や灰色が相まって、屋根瓦のような渋い光沢を放っています。
IMG_2973.jpgIMG_2972.jpg

こうやって書くと雄雌共にゴージャスでいかつい感じになりそうですが、彼らのサイズはコーンよりも大分小さく体系もスリムなので、魅力がコンパクトにまとめられていてとても親しみやすくなっています。


脱皮前ですがスケールレスのハイポアメルモトレー(コーン)。
IMG_2982.jpgもちもち暖色系コーン
IMG_2986.jpgIMG_2987.jpg

この個体は高頻度で脱皮不全を起こすのでその都度手で皮を剝いています。
ドイツの気候のせいもあると思うのですが、この個体のケージだけ温度・湿度共に高めをキープしており、ウエットシェルターを常設しても少ししか改善しません。
幸い手で皮を剝いた直後にでも餌を食べるような強メンタルの持ち主なので、もう少し観察しながら何か良い改善策を見つけていければと考えています。


冬のハムショー(12月14日)まで約2週間となりました。
実は長年探していた(諦めていた)超ド級のレアなヘビを交渉の末売約済みにしましたので、今から受け取りが楽しみで楽しみで仕方ありません。
日本語は勿論、英語でネット検索しても殆ど情報の出ないような種類ですので、受け取りの際にはブリーダーからアドバイスをもらえるように今から質問を箇条書きにしておくつもりです。
きちんと飼育できるかどうかすら不安ですが、当分の間は繁殖を目標にベストを尽くしたいと思います。

スポンサーサイト



category
コーンスネーク

Comment

Trackback

http://nanigaderukana69.blog.fc2.com/tb.php/208-0c7366cd

PING送信プラス by SEO対策

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村 ブログランキング
ブログランキング