FC2ブログ

[Reptilienbörse Ravensburg]イベント報告[行ってきました]

前回イベントに行くという報告を残したまま暫く更新が滞ってしまいました。すみません。
爬虫類活動はちょくちょくと行っており、イベントに行かずともネットで知り合った人から購入したりしてメンバーが増えたりしております。

IMG_2845.jpgスケールレススノーコーン66%hetチャコール♀
2018年生まれなので完全に餌付いており、1歳にしては小さいですが安心サイズなので引き取り。これからスケールレスシリーズのブリーディングに寄与してくれそうです。

育成状況ですが、前回紹介したフロステッド(フロスト)のシシバナが全くマウスを食べない!ということでかなり苦労しました。
ヨーロッパだとしてもかなり安価で売られていたので何か問題があるのかと思っていましたがこういうことだったとは・・・(輸送のストレス等の原因も考えられますが)
現在は約3カ月の強制給餌&餌付け作業の末、置き餌でもピンセットからでもガツガツ食べてくれるようになったので一安心です。

IMG_2880.jpgIMG_2854.jpgIMG_2850.jpgIMG_2853.jpg

お腹の写真も撮ることが出来ました。ノーマルと比べて際立った変化ではありませんが面白い表現系です




イベントレポート2つを一回で書くのはしんどいので、今回はラーベンスブルグで行われたReptilienbörse Ravensburgの報告とさせていただきます。
時は遡り6月、近くで爬虫類イベントがあるとのことで2時間ほどかけてミュンヘンからラーベンスブルグという町まで行ってきました。
IMG_2823.jpgどんどん田舎へ。ハイジとか出てきそう。

途中、工事?ストライキ?的なこともあったりし、当初予定していたルートを変更せざるをえなくなったりしましたが何とか会場から最寄りの駅まで予定時間内に到着することが出来ました。

しかしここからが長かった・・・
IMG_2824.jpg

会場までは等間隔に親切にも道しるべがあったので、たどっていけば問題ないはずでした。が、従うと同じところをくるくる回され、袋小路に案内させるというまさかのトラップ!!
Oberschwabenhalleが目的地なのですが、この看板はどうみても風か何かで回転した形跡があるし・・・

長年イベントに参加している裏技ですが、こうなってしまったら選択肢はひとつしかありません。
「近くを通りかかったピアス・タトゥーがいっぱいはいっている人に付いて行く」です。
ということで今回も予定時間より40分の遅刻となってしまいましたが何とか開場2分前には到着することができました(ある意味予定通り)。

IMG_2825.jpgIMG_2826.jpg
IMG_2828.jpg


開場直前にも拘らず人はまばらで並んでいる人もおらず、スタートと同時に入場することが出来ました。
会場内は撮影禁止なので僕の印象交じりではありますが、
1、ブースは全部で50ぐらい
2、そのうち半分がグッズと昆虫
3、時期が早いせいで2019生まれの個体がほぼ販売されていない
4、コーンスネーク専門が1ブース、コーンを取り扱っているブースが5ブースくらい。
5、パルメット、スケールレスはおらず。
というちょっと自分にとっては残念な感じでした。
ですが前回のUlmのイベントと同様、ブリーディングシーズンを外していくと、少し成長した個体や売れ残ってセールになっている個体がちらほらいたりと、初心者の方にはこういうイベントを勧めるのもありだなーと思いました。
お客さんはMAXでも会場内に100人程度だったので、どの店も足を止めて見ていると話しかけてくれましたし、個体の情報に限らず、ドイツの爬虫類事情やどうやって発送するかなんかの便利情報もゆっくりと聞くことが出来ました。
親切に話してくれたブリーダーには「Hamm showでまたねー」と言って、今回はピンセットと冷凍餌だけを購入し岐路に着きました。


次回はいよいよ9月14日に行ってきました最高シーズンのHamm showのレポートです



スポンサーサイト



category
イベント

Comment

Trackback

http://nanigaderukana69.blog.fc2.com/tb.php/203-26dc0ac1

PING送信プラス by SEO対策

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村 ブログランキング
ブログランキング