FC2ブログ

[パルメットとは]歴史と考察[なんぞ?]

そう言えば以前にスケールレスという品種の説明や歴史を載せましたので、今回はパルメットについても書いておこうと思います。
自分も分からないことだらけなので調べながら書いているのですが、不確定な要素も多く、現在も塩基配列レベルでの科学的な議論が続いているようです。
間違っている箇所や新しく解明されたこと、他にも気づいたことなどがあればいつでもお気軽にコメント下さいませ。


1、初めて見つかったのは?名前の由来は?
2008年、突如としてコーンスネークに関するインターネット情報交換サイトに登場し、その独特の容姿から注目の的となりました。
画像を投稿したサウスカロライナ州のスネークキーパーによってその個体は販売されましたが、その時点ではコーンスネークであるという情報は記載されていなかったようです。
その後新しいオーナーに引き取られ、サウスカロライナ州木とされるヤシの木(Palmetto)からその品種名がつけられました。
コーンスネークは見た目から品種名を名付ける傾向が多いので、初めて見聞きした時は「どの辺がヤシの木っぽいんだろう?」と思っていましたがそういうことだったんですねー
IMG_2611.jpgピンボケ


2、ハイブリッド?
これはかなり議論を重ねられているようですが明確な答えは見つけることが出来ませんでした。
ハイブリッドだと仮定すると一番混ざっている可能性が高いとされるのはブラックラットかテキサスラットスネークだそうで、これらを比較対象として専門家達は活発に意見を交換しています。
よく話題に出ていたポイントは、
A、頭の形はコーンスネークっぽい
B、鱗の数もコーンスネークっぽい
C、見た目はコーンのようなのでこれ以上の判別はDNA鑑定しかない
といった感じで、議論には分子生物学に関連する人達や自分で全ゲノム配列を決定・比較(~数百万)しようとする人までいて、さながら研究所の会議を覗いているようでした。
私もどちらかというと表現型よりも遺伝型に重きを置くタイプなので、こういう議論は非常に興味深いです
IMG_2612.jpg少し大きくなりました。


3、外見の特徴、模様はどうなってんの?
やはりパルメットが人気の訳はその特徴的な外見にあると思いますが、どうやって白いボディーに赤や黒の鱗が散りばめられたような体色になるのでしょうか。
調べてみたけど分かりませんでした・・・情報をお持ちの方は教えてください。
色の変異としてアメラニやメラニズム、ザンティックやアネリ等があるかと思いますが、これらは色素細胞の持つ遺伝子に何らかの変異が生じることでその表現型が現れます。つまり色素細胞自体の生成には問題がないということらしいです。
リューシズムの生物学的な定義ははそれらとは違い、色素細胞自体の分化に異常を来す為、あのような体色に変化するようです(何故色素胞自体の分化を阻害するとあの体色になるのかメカニズムをご存知の方は教えてくださいm(_ _)m)。
ただペット業界ではリューシスティックやブリンドル、白色体色の黒目やマーブルなんかも一括りで表現されることが殆どですし、実際にこのような研究分野はまだまだ未発見の宝庫なので自分で何がどうなっているのかを研究してみるのも面白いかもしれません。

話はそれますが、皆さんは一昔前によく見た「ルビーフレックル」という品種をご存知ですか?
パルメットと同じような体色で品種固定できたら面白いのにと密かに思っていたのですが、所持しているブリーダーさんから聞いたところによると全く遺伝子ないそうです。
つまりルビーフレックルの正体は「キメラ」なんだと思います。お腹の中に子供(胚)がいる時に何らかの理由で違う表現型の細胞同士(子供同士)が混ざってしまい、それが偶然発生した結果ああいった個体が生まれます。
子孫に受け継がれないのは残念ですが、その分偶然と奇跡の産物っぽくて私は大好きです
IMG_2614.jpgお腹にもぽつぽつ色が入るっぽいですが、うちのは白が多そうです。


4、飼育は簡単?
全くノーマルのコーンと変わりないと思います。本当に餌食いが良くて安心しています(切実)。
スケールレスは以前に飼育何度は普通と書いたのですが、やはり環境の変化に対する抵抗が強くないといいますか、ある種のブラッドレッド(ディフューズ)やブリザードなんかに似たような虚弱な部分に加え、鱗がないというハンディも感じました。
いずれにせよスケールレス、パルメットともにまだ数個体で短期間しか飼育を経験していませんので、違いを感じ次第報告していきたいと思います。


5、遺伝するの?
前々回ぐらいの記事で「うちのアネリパルメットヘテロがゴーストっぽい」と書いてしまったのですが、よくよく考えてみるとパルメットは不完全優性でした。
つまりヘテロでも表現型として体色がハイポのように赤が強く出る体色になります。
あと購入する時にブリーダーさんが「パルメットは目がチャーミングなんだよ」と教えてくれたのですが、海外サイトの解説を見ていてようやく理解しました。光彩がライトグレーなんですね。
IMG_2617.jpg
初脱皮はきれいに一本脱ぎでした。脱皮の前日でもお構いなしで、一日おきに餌を食べています


今後の予定ですが、なんとか日帰りで行ける距離にイベントが見つかりましたので参加してみたいと思います。
とりあえず以下の2つは電車のチケットも押さえました!!
Terraristikmesse Karlsruhe
Reptilienbörse Ulm
多分会場は撮影禁止で画像はお見せできませんが、日本語で検索しても全くヒットしないような未開拓イベントなのでレポートも後々書きたいと思っています。お楽しみに!!
スポンサーサイト
category
コーンスネーク

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2018⁄10⁄04(木)
  • 23:57

Trackback

http://nanigaderukana69.blog.fc2.com/tb.php/192-a1098cba

PING送信プラス by SEO対策

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村 ブログランキング
ブログランキング