FC2ブログ

[楽しかった]Hamm show2018!!今年も行ってきました!![Terraristika Hamm]

半年近く封印していたこのブログですがついに書くに相応しいネタがあがってきました・・・そう、Hamm showです!!
昨年購入した個体たちは全て日本へ一時帰国した際に置いてきたので、暫くの間no爬虫類lifeを送っていましたがついに解禁する時が来ました。
とりあえず今回の簡単な目標を以下の3つとして、旅立ちました。
1、例のモルフをゲット(それ以外は購入しない)
2、コーンスネーク+興味のあるヘビに関する情報収集
3、ブリーダさん達と仲良くなる


前回は11時ごろに会場へ到着し出遅れた感があったので、今回は時間を早めに設定しました。
AM2時半起床→night bus+地下鉄で空港へ→6時搭乗、の予定だったのですが・・・・空港に着いてびっくり、電光掲示板の自分のフライト予定の欄に「キャンセル」の文字が・・・
慌ててeurowingsのカウンターへ行きどうしたらいいか聞いてみたところ、8時の飛行機に変更になったとか・・・
結局空港でうとうとしながら時間を潰し、ドルとムントを経由してHamm showの会場へ辿り着いたのは11時でした
IMG_2552.jpg長蛇の列

入場料は10ユーロで、再入場際に必要となるスタンプを腕に押してもらい、いざ戦闘開始!!
会場内は凄い熱気で、常におしくらまんじゅう状態、その中を早歩きのスピード維持しながら全てのブースのコーンスネーク+αをチェックしました。
とりあえず全体の感想ですが、多少のマイナーチェンジはあるものの昨年とほぼ同じような感じで、
a、スケールレスは少し出品数が増えた、と言ってもコーンを専門に出しているブースが少なく、昨年と同じ人たちの繁殖が軌道に乗ってきたよう
b、テセラは今年も沢山、とりあえずいれておこう状態。あとマスクも流行りだした。
c、アイスやアマレット、トフィーなんかのイカしたコンボに力を入れているブリーダーも2,3組いた
d、パルメットは壊滅的にいない
(sold out?)

といった感じで、昨年の経験も併せだんだんとドイツのコーン事情も見えてきたので、自分の考えが当たっているかを確認する意味でも実際にコーンブリーダーさんたちにも色々と聞いてみました。主に聞きたかったことと回答は以下のようになりました。
Q1、最近のコーン事情、あなたが今力を入れてるのは?
A1、これの回答は様々でしたが、パルメットやスケールレスに並ぶような凄まじい新品種は見つからず、当分はこの2つをベースにしてコンボ合戦が繰り広げられるのではないかという感じでした。ブリーダーによっては既に4重や5重ヘテロを作り出しているようで、後は子供のグッドオッズを祈るだけと言う人もいました。パルメット=リューシベースになるので、そこからどうやって白一色にならないように色を表現するかが鍵になってきそうです。
選別交配を行っているブリーダーは皆無で、コーラル系やストロベリー系、アボッツオケッティあたりはぽつぽつ見ましたがどれも最高峰とまではいかないグレードでした。

Q2、1年に4回Hamm showは開催されているけどコーンにベストのシーズンは?
A2、どのブリーダーに聞いても今回のように9月がベスト!でした。やっぱりドイツの冬は寒いし、6月ではベビーが生まれていないorコンディションがよくないことが多いので出品しない人が多いとのこと。
面白かったのがいくつかのブースはライバル視し合っているようで、「あそこのブースは冬のイベントには来ないけどうちは来てる!」と3組ぐらいがお互いに言い合っていました
「それ向こうのブースも言ってた」というと爆笑、競合相手でも楽しくやってるみたいです

Q3、パルメット、ヘテロでもいいから置いてない?
A3、「あるにはあるけど・・・売れなかったら自分で持って帰るし値引きしないよ」ってのが2組ぐらいありました。あと、ヘテロでもホモでも本当に♀が少なかったです。パルメットとスケールレスのダブルヘテロなんかはパルメットホモの5倍くらいしている場合もありましたし、次の世代を見ているブリーダーにはやっぱりこの辺は重要みたいです。

こんな感じで色々聞いていると日本と同じで仲良くなれた気がしました。名刺や連絡先もいくつかいただき、「気になる品種があったらいつでも送るから連絡してね!」とか「連絡くれたらイベントで販売する前に押さえておくわ!」等、裏技的なことも教えてくれました。
最後にコーンではないのですが、ウォマが凄く気になりブリーダーさんに色々と聞いていたのですが、どうもCITES種をドイツから輸出するのは結構面倒な手続がいるとのことで泣く泣く断念しました。
フランス語を話しているグループだったのですが、非常に親身になって相談に乗ってくれましたし、毎年繁殖してイベントに来ているそうなので来年までにCITES種の輸出入も学んで是非とも彼らから購入したいと思いました。

最後に今回の戦利品ですが、
IMG_2557.jpgアネリhetパルメット、poss. hetハイポ、なんたらかんたら♂、2017。見た目は完全にゴーストなんですがヘテロパルメットであればいいやということで購入。下の個体と兄妹なので交配したらなんか面白そうなのが採れそうです。
IMG_2553.jpgパルメットhet poss. hetなんたらかんたら♀2018。翌日には置き餌も食べ元気です。ブリーダーさん曰く目の色が普通と違うのだそう。
IMG_2560.jpgドイツは乾燥しやすく、温度の変化も激しいので、念のため大きいケージで飼育することにしました。温度勾配をつけているのでヘビ達が自分の好きな温度を選べるし、温湿度計も新調したのでバッチリ!!
IMG_2564.jpgそういえば今回は毒蛇のブースも見て回っていたのですが、個人的には毒を持っているのが残念というくらいカッコイイ見た目で飼育したくなるような種類が沢山いました。あと毒蛇ブースは出品者さん達も気合の入っている人が多く、タトゥーや衣装を見ているのも楽しかったです。
*腕のカメの紋章はスタンプです。

ではではまた更新しますヾ(・∀・)ノ



スポンサーサイト



category
イベント

Comment

Trackback

http://nanigaderukana69.blog.fc2.com/tb.php/190-04f2f4ad

PING送信プラス by SEO対策

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村 ブログランキング
ブログランキング