スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

[今年の]私は何もしていない[繁殖状況]

ドイツは既に秋を通り越して冬モードです。もうすぐまた-20度の季節がやってくるかと思うと・・・
「今年は風邪をひいてないんだ!ヨーロッパに体がフィットしてきたぜ!!」とか同僚に自慢していたのですが、前々回紹介したハムショーの日に実は熱が出てました・・・

今年も細々と繁殖計画を練っておりましたが、上手くいったりいかなかったり、はたまた偶然だったりと、いくつかの報告を備忘録も兼ねて綴っておきたいと思います。



1、アルビノネルソンミルク
数年前にイベントで購入し、細々と育てていたのですが、試しに交配を試みたところ上手くいったようです。雌が小さいのと初産だったので4匹しかこどもは孵化しませんでしたが、思ったより早く繁殖に成功できたので万々歳でした。
170912_ミルクスネーク_convert_20170913011258子供たち
ネルソン♀_convert_20170919020134母親
ネルソン♂_convert_20170919020200父親



2、ケープゴファー
上手くいきませんでした。雄はだいぶ前にネットオークションで落札し、雌は数年遅れで爬虫類ショップのホームページから発見し速攻で購入しました。おそらく雌がまだ小さすぎるのが原因だと思います。今でこそイベントでもアルビノを含めてたまに見かけるようになってきましたが、数年前は全く手に入りませんでした。ずっと無計画に購入した雄に寂しい思いをさせてきたので、来年には殖やせるように計画中です。
ケープゴファーA_convert_20170919020041父親(仮)
ケープゴファーB_convert_20170919020105
母親(仮)

マイナーなヘビですが、身体の途中から体色が変わるなど、1匹で2匹分の色が楽しめるお得な三毛(?)ヘビです



3、ナガクビガメ
最近はチリメンナガクビ?でいいんでしょうか?昔からジーベンと呼んでいるので私はそっちの方がしっくりきます。
カメは全然繁殖させる気がなく沢山飼っているのですが(唯一繁殖させたかったキボシイシガメが3匹全部雄で心が折れた)、ある日卵を産んでいました。もう既に半年ぐらいインキュベートしているのですが、しぼんだり腐ることもなく経過しています。カメの繁殖の知識は全くないので、孵化したらどなたかアドバイス下さい
170918_convert_20170919015932.jpgちゃんと孵化するのかな?



4、コーンはお休み
そもそも日本に全部置いてきましたので、どうしてもやりたかった上記のネルソンミルクとケープゴファーだけ家族にお願いしてチャレンジしてもらいました。ホワイトアウト(ディフューズ+ブリザード)は数年前にキープしていたベビーが大きく育ってきており、新しく購入したスケールレス達と共に数年後にはそれぞれ安定して供給できるように頑張ります



スポンサーサイト
category
動物一般

Comment

Trackback

http://nanigaderukana69.blog.fc2.com/tb.php/183-ae5f4359

PING送信プラス by SEO対策

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村 ブログランキング
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。