FC2ブログ
Entry Navigation

[シシバナは]便利な時代が来たもんだ[人工飼料で長期飼育できたらしい]


日本のヘビ業界で活躍されている方達のツイッターをチェックしていると、シシバナが人工飼料を食べている動画がいくつか話題に挙がっているのを見かけました。
シシバナは人間の指でもお腹が空いている時は食べようとしてしまうちょっとおバカなヘビなので人口餌への餌付けはコーンなんかよりも簡単だろうと思っていましたが、また新たな時代が来るんだな~と感心しています。
人口餌を用いた累代飼育(繁殖)に関しての情報はまだないようですが、長期的に給餌しても問題なさそうだとのことで、これからシシバナと人工飼料が一般にももっと普及してきそうな勢いを感じました。

シシバナは毒があることを除けば、総合的にはコーンよりも飼育しやすいと思いますし、動きも遅いので(太短いのと体表がザラついているのでの掴みやすい)非常に扱いやすいです。
私はこれまで数えきれないほどヘビに噛まれた経験がありますが(主に給餌の際に餌と誤って噛まれる)、シシバナには一度も噛まれたことがないので、不注意な事故に関しても起き難い種類だと思っています(当社比)。



そういえば前回紹介したアバランチのスケールレスですが、表現型が自分の予想とかけ離れていたため、アバランチの表現型にどれくらいのバリエーションがあるかとネットで検索して勉強していたところ以下のサイトを見つけました。

https://info576953.wixsite.com/kettougyo-chinjyuten/product-page/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81cb%E5%80%8B%E4%BD%93%E3%82%B1%E3%82%A2%E6%B8%88%E3%81%BF%E5%A4%A7%E9%87%8F%E5%85%A5%E8%8D%B7
なにがでるかなとは一切関係ありませんので自己責任でご覧ください

まずこの個体はアバランチどころかコーンスネークですらなく、スノーのブルスネークなんですけど・・・
そしてこの画像は私が以前にブログで掲載していたものなので無断転載なんですけど!!!

P1000485.jpgP1000487.jpg元々ペアで画像を撮影しました。

P1000308.jpg
P1000309.jpg
P1000310.jpg
購入直後
ブルスネークはおちびでもコーンより体格がしっかりしています。



未だに爬虫類の通信販売を謳っているサイトをたまに目にしますが(対面販売は義務です!)、詐欺サイトであることが殆どなので皆さまもお気をつけください。
私も通販がOKだった時代に詐欺に合い(代金を振り込んでもクリアネイルのフトアゴは送られてこなかった・・・)、後日沖縄の警察から事情聴取のための連絡が携帯にかかってきてびっくりしたことがありました。
詐欺は論外ですが、通販に限らず信頼のおけるブリーダーやお店から購入するというのは少々個体の価格が他と比べて高価でも、初心者の方が後々のことを考えると非常に大事なことだと思っています。
スポンサーサイト



category
ヘビ(コーンスネーク以外)

[紅白]温度管理に気を配る日々[蛇合戦]


もう7月!とはいえまだ肌寒い日が続くミュンヘンですが、たまに思い出したかのように暑い日が訪れることがありヘビの温度管理に気を使っています。
特にスケールレスのスノーは元々胃腸が虚弱体質なのに加え温度の変化に対する耐性が弱く、季節の変わり目にはよく餌を食べなくなるので心配になります。
また6月に入ってからは快晴と豪雨が日替わりで訪れる日が多く、気圧の変化に弱い私自身も参ってしまいそうです(スケールレススノーの気持ちがよく分かる)。
加えて脱皮の時期が重なってしまったこともあり、暫く餌を食べなったので大分痩せてしまいました。
肌の色も黒ずんでおり、調子が戻るまでは吐き戻し防止とより早く回復させるために小さ目の餌をこまめに与える予定です。
幸い蓄えはまだ結構ありますし、脱皮を終えると毎回見間違えるほどよく食べるようになるので、すぐに元の体型に戻ってくれることと期待しています。

IMG_3343.jpg


もうすぐ1歳になろうかというハイポアメルモトレーのスケールレスは未熟児レベルでのお迎えでしたが、食欲は凄まじいのであっという間にスノーを追い越してしまいました。
以前から悩まされていた脱皮不全も最近では改善しつつあり、先週からアダルトS-Mサイズのマウスも食べ始めたので、今から冬にかけて最終形態への仕上げといったところでしょうか。


IMG_3345.jpg

お互い無関心で水を飲む
2匹とも自分で水入れをヒーターの上まで動かしておいて、ぬるま湯になったら飲まないので喉が渇いていたようです・・・



両者ともほぼ食べるだけ与えているのですが、生まれつきの体質の違いでこのような差が出てしまうことは大変興味深いですし、沢山のデータが集まれば個体差の診断にも使えるようになるんじゃないかと思っています。
例えば、給餌回数と成長速度、吐き戻し回数、拒食期間など、基礎的なデータを客観的に積み重ねていくだけでも、飼育者には有用となる論文が書けるのではないかと。
よく「うちの個体は虚弱体質ですか?」や「胃腸が弱いですか?」と質問を頂くことがありますが、上記のような論文があれば「お宅のヘビさんはグラフを見るとこの辺に位置していますので少し成長速度は遅いかもしれませんね」、なんていう便利なアドバイスが出来る時代が来るかもしれません(妄想)



日本にいるメンバーでも餌食いのよろしくないのがいるようで、スケールレスアバランチがもう1カ月ほど食べていないという連絡が来ました。
強制給餌に踏み切るかどうかを考えないといけないので判断材料として画像を送ってもらいましたが、一カ月食べていないにも拘らず健康体そのものでした。
多分本人(蛇)も体型を気にして食べる量を調節しているのでしょう。

IMG_2328_2020070619474485f.jpg
200704 W P1010759

迎えた時は白一色で模様もなく、アバランチなのでそのまま成長するかと思っていたのですが、模様がかなり出てきました。
ハイコントラストのアルビノボールパイソンを彷彿とさせるような黄色と白のメリハリがよく出ており、これはこれで・・・アリですな!!(」*´∇`)」
category
コーンスネーク

PING送信プラス by SEO対策

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村 ブログランキング
ブログランキング