FC2ブログ
Entry Navigation

[冬ハムまで]成長記録とオーストリア旅行[あと少し]

ドイツはすっかり寒くなり、氷点下になる日も出てきました。
昨年まで隣の部屋に子供連れのご夫婦が住んでいたため、暖房の熱がうちの家まで届き、プレートヒーター一枚で外気温がー20度の日でも問題がありませんでした。
が、今年の春ごろにそのご家族が引越しされ、新しく一人暮らしの男性がやってきたのですが、暖房をつけない方なのか、今の季節になってきてヘビの温度を維持するのに四苦八苦しています。
12月のハムショーではヘビのヒーターを買い足して上手いこと工夫しないと、光熱費が昨年の5倍ぐらいになりそうです


そんな中でもヘビ達はモリモリ食べて成長しています。
スケールレスのスノーは吐き戻しもなく、前の飼い主さんのお蔭かハンドリングにも慣れており、見た目と同じく非常に上品な性格をしています。

IMG_2965.jpgIMG_2964.jpgIMG_2961.jpgIMG_2963.jpg

来た当初と比べると大分成長しましたが、繁殖まではもう一年といった感じでしょうか。
ハンドリングはケージを掃除する際にしかしませんが、毎回もちもちの感触に癒されます


タフィーベリーのシシバナ
IMG_2979.jpgIMG_2981.jpg

この個体は人を見ると口を開けて近づいてきます(威嚇しているわけではなく、餌が欲しい)。
昔イベントで、「ずっと口を開けて迫ってくるからハンドリングできない」という理由で投げ売りされうちに来た悲しいシシバナと同族な気がします・・・
シシバナを飼育している人なら分かるかと思いますが、彼らが威嚇で噛みつくことはほぼないので、音を出さずに口を開けている時は「餌くれ」の合図なんです。
ハンドリングしようとするとどこにでも噛みついて食べようとしてくるのは問題ですが、個人的には拒食もないので飼いやすいな~と思っています。お腹いっぱいになると大人しくなりますし・・・
ファジーを食べれるようになったので、これからしばらくの間は目に見えて大きく育っていくと思います。


フロステッドのシシバナはお腹も身体の色もどんどん抜けてフロステッドの名に恥じない容姿へと変化してきました。
IMG_2933.jpgIMG_2935.jpg

フロステッドという品種をよくわからないまま購入し、イベントでは色々なブリーダーに画像を見せて「これは本当にフロステッド?」と相談したりしていたのですが、もう遺伝子型がどうでもよくなってくるぐらい綺麗になってきました。
人の顔を見るとすぐにブチ切れる短気な性格ですが、怒りながらでも餌を際限なく食べてくれるいい個体です。



爬虫類と関係はありませんが10月の終わりに職場でオーストリアに行ってきました。
二泊三日でしたが2日目は雪が降り、ドイツよりも寒かったです・・・
IMG_2949.jpgIMG_2947.jpg

毎年ご飯はその年の新入生が作るルールなのですが、今年はフランス人の同僚が作ってくれたポットパイ(Bouchee a la reine)が個人的にヒットでした。
パイ生地が足りなくてポットにならず、貞子の井戸みたいになっていましたが思わずレシピを聞いてしまうほど抜群に美味しかったです。

パイ生地が足りなかった原因(ヘビを飼うか迷っているオーストラリア人同僚作)
IMG_2946.jpg


景色もきれいで、サラマンダーとかいるんじゃないかなーと会話しながら散歩をしたり、久々に自然と触れ合ったイベントでした。
IMG_2948.jpg
スポンサーサイト



category
コーンスネーク

PING送信プラス by SEO対策

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村 ブログランキング
ブログランキング