Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

[ミュンヘンの]とにかく広かった[動物園に行ってきた]

フランスの記事を書き終え、ドイツに関しても書こうと思っていたのですが、中々筆(キーボード)が進まず放置しております。
特に動物関係以外の記事を書くのはモチベーションが上がらず、時間と共に記憶も薄れていきつつあるので、「需要もなさそうだしもういいかな」的な考えに落ち着きつつあります
ですが、数カ月前に行ってきた動物園は爬虫類に関しても面白いものが見れたので、記録として残しておきたいと思います。

観光でも有名?Tierpark Hellabrunn動物園に行ってきました。
https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g187309-d260473-Reviews-Tierpark_Hellabrunn-Munich_Upper_Bavaria_Bavaria.html

IMG_2090.jpgIMG_2089.jpg
天気もいいし、最高の動物園日和でした。動物園の横を流れる川はBBQや日光浴の人達で賑わっており、ドイツならではの全裸の人達もちらほら。

IMG_2092.jpgおしながき
年間パスを買おうか迷いましたが、とりあえずは大人一日券で。


IMG_2098.jpgIMG_2096.jpg
入園したと同時に、まずは小動物コーナーへ。休日とあって沢山の人が訪れていましたが、敷地が広いため窮屈さは最後まで感じることがありませんでした。動物園らしく、動物たちは人を見ても物怖じしない個体が多く、手の届く距離でまじまじと見ることが出来ます。

IMG_2093.jpgIMG_2094.jpg
IMG_2108.jpg鳥、キリン、サル


IMG_2099.jpgIMG_2102.jpg
洞窟コーナーではセキセイインコとコウモリが放し飼い

IMG_2101.jpg展示されるお疲れのおっさん

IMG_2104.jpgIMG_2106.jpg
サイとかきれいな鳥とか。

IMG_2114.jpgIMG_2116.jpg
ここから爬虫類館!!まずはカイマン(ブラジル?キュビエムカシカイマン?)がお出迎え。この辺からテンションが上がり過ぎて写真を撮りまくり、同行者がドン引き。

IMG_2117.jpgIMG_2120.jpg
巨大なアナコンダが2匹。何か食べた後なのかお腹が膨らんでいました。


IMG_2127.jpgIMG_2126.jpg
IMG_2125.jpgIMG_2129.jpgIMG_2130.jpgIMG_2134.jpgIMG_2133.jpg

毒蛇コーナーへ
ガラガラヘビやカボンアダー何かがいました。実物を見たのは初めてかもしれませんグリーンマンバはメンテ中でお休みでした。

IMG_2124.jpgIMG_2123.jpg
近くの水槽には巨大なスキャットファーガスとモノダクが。昔熱帯魚ショップでよく見かけましたが、アダルトサイズってこんなに大きくなるんですね。


IMG_2121.jpg野球観戦するおっさんの展示


IMG_2168.jpgIMG_2165.jpgIMG_2170.jpgIMG_2169.jpg
おさるコーナーでは皆疲れ切っていて、おっさんコーナーと化していました。


IMG_2164.jpgIMG_2155.jpgIMG_2138.jpgIMG_2145.jpg
ミニ水族館では大好物の大型魚が沢山!!テトラオドンムブの写真を50枚ぐらい撮って、その後にムービーも撮影!周りのドイツ人も「これはそんなに貴重な魚なのか?」といったリアクションでムブに注目が!!


この辺で半分くらいでしたが、自分は体力の80%を使い切ってしまい、残りは省エネで見学することに。
そしてとにかく園内が広く、動物の檻と檻のスペースも広いので、歩くのも大変でした。
そんな中、クジャクは自分の檻に束縛されることなく飛び回っており、ドイツの自由さは動物園でも適応されているのだと実感しました。
IMG_2174.jpg黒い鳥の家を訪れるクジャク
IMG_2173.jpgシカ的な生き物をものともしないクジャク
IMG_2171.jpgワラビーとリラックスするクジャク
IMG_2185.jpg休憩スペースでおじさんと戯れるクジャク

そして肝心のクジャクの説明書きがある檻にクジャクがいないというネタ


そしてここらかまた屋内展示場へ。
中は温室になっており、暖かい地域に住む動物たちがお出迎え。
IMG_2180.jpgIMG_2182.jpgIMG_2184.jpgIMG_2188.jpgIMG_2191.jpg高級そうなリクガメさんが沢山いましたが、皆沢山餌をもらっているようで、うちのケズメリクガメみたいにがっついている個体はいませんでした(うちも沢山ご飯をあげているんですけどね・・・)。


最後に大型肉食獣を見てまわって、終了したのですが、ひとつ気づいたことがありました。
日本の動物園だと「可愛そう」とか「グロテスク」といったものには蓋をする昨今の風潮がありますが、ドイツでは全くそういった配慮が良くも悪くもありませんでした。
見物客が「可愛い~」と歓声を上げているシロクマの親子のスペースには、ホラー映画に出てくるような血まみれの肉塊が吊るされていましたし、↑の画像でも人前でヤマネコがマウスを丸ごと食べているのが分かると思います。
IMG_2198.jpgIMG_2197.jpgIMG_2195.jpg


例え動物園という人工的な場においても、「可愛い」や「きれい」といった魅力的な部分だけでなく、彼らが生きていくことは(如いては人間が生きるということも)どういうことなのかと教えてくれているような考えさせられる動物園でした。

スポンサーサイト
category
ヨーロッパ

PING送信プラス by SEO対策

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村 ブログランキング
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。