FC2ブログ
Entry Navigation

[シシバナは]便利な時代が来たもんだ[人工飼料で長期飼育できたらしい]


日本のヘビ業界で活躍されている方達のツイッターをチェックしていると、シシバナが人工飼料を食べている動画がいくつか話題に挙がっているのを見かけました。
シシバナは人間の指でもお腹が空いている時は食べようとしてしまうちょっとおバカなヘビなので人口餌への餌付けはコーンなんかよりも簡単だろうと思っていましたが、また新たな時代が来るんだな~と感心しています。
人口餌を用いた累代飼育(繁殖)に関しての情報はまだないようですが、長期的に給餌しても問題なさそうだとのことで、これからシシバナと人工飼料が一般にももっと普及してきそうな勢いを感じました。

シシバナは毒があることを除けば、総合的にはコーンよりも飼育しやすいと思いますし、動きも遅いので(太短いのと体表がザラついているのでの掴みやすい)非常に扱いやすいです。
私はこれまで数えきれないほどヘビに噛まれた経験がありますが(主に給餌の際に餌と誤って噛まれる)、シシバナには一度も噛まれたことがないので、不注意な事故に関しても起き難い種類だと思っています(当社比)。



そういえば前回紹介したアバランチのスケールレスですが、表現型が自分の予想とかけ離れていたため、アバランチの表現型にどれくらいのバリエーションがあるかとネットで検索して勉強していたところ以下のサイトを見つけました。

https://info576953.wixsite.com/kettougyo-chinjyuten/product-page/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81cb%E5%80%8B%E4%BD%93%E3%82%B1%E3%82%A2%E6%B8%88%E3%81%BF%E5%A4%A7%E9%87%8F%E5%85%A5%E8%8D%B7
なにがでるかなとは一切関係ありませんので自己責任でご覧ください

まずこの個体はアバランチどころかコーンスネークですらなく、スノーのブルスネークなんですけど・・・
そしてこの画像は私が以前にブログで掲載していたものなので無断転載なんですけど!!!

P1000485.jpgP1000487.jpg元々ペアで画像を撮影しました。

P1000308.jpg
P1000309.jpg
P1000310.jpg
購入直後
ブルスネークはおちびでもコーンより体格がしっかりしています。



未だに爬虫類の通信販売を謳っているサイトをたまに目にしますが(対面販売は義務です!)、詐欺サイトであることが殆どなので皆さまもお気をつけください。
私も通販がOKだった時代に詐欺に合い(代金を振り込んでもクリアネイルのフトアゴは送られてこなかった・・・)、後日沖縄の警察から事情聴取のための連絡が携帯にかかってきてびっくりしたことがありました。
詐欺は論外ですが、通販に限らず信頼のおけるブリーダーやお店から購入するというのは少々個体の価格が他と比べて高価でも、初心者の方が後々のことを考えると非常に大事なことだと思っています。
スポンサーサイト



category
ヘビ(コーンスネーク以外)

[ドウキョウナメラ]成長記録・飼育情報の更新[Senticolis triaspis intermedia]


コロナの警戒レベルが下がり、まだまだ制限はあるものの職場にも人が戻ってきつつあるのですが、久しぶりに見た同僚達について気づいたことがひとつ・・・
みんな一目で分かるくらい太ったんじゃない!!??(直球)
日本の友人達もしきりに太ったと言ってはいるもののパッと見では分からないレベルでしたが、ヨーロッパの人達は速攻で気づくレベルでした(失礼)。
今日は職場に大きい荷物が届けられ、新しい研究装置でも届いたのかなとワクワクしていたのですが、イギリス人の同僚が私的に購入したランニングマシーンでした・・・

そういえばいつも行っている美容室の担当の方も体重がかなり増えたらしく、「マスクで顔を隠せる間に痩せないと・・・」と言っておられました。
皆さん気にしておられるようですが、いざ感染したとしても蓄えがあると予後も良好になるかもしれないし、ポジティブにいきましょう!



ドウキョウナメラは活餌にシフトしてから定期的に食べるようになり、成長速度もいい感じに上がってきました。

IMG_3332.jpgIMG_3330.jpg
斑紋は消えつつ、ついに頭から首筋にかけて高貴な感じの黄色が揚がってきた!
アウロキャピタータの頭と同じ色じゃないですか!?


それでも並行してコーンやシシバナを見ているからか、事あるごとに「丈夫な種類ではないな~」と感じています。
彼らは体長と比較して顔が小さく、コーンと比べても小さいサイズの餌しか食べることが出来ませんし、そもそも少しでも大きいと感じると食べること自体を拒否します。
また獲物を捕らえるのが非常に下手で、捕らえた後の巻き付く動作もぎこちないように思います。
これらのことから現在ではファジーまでの大きさしか食べることが出来ません(同じ全長のコーンであればホッパーより少し大きくても問題ないでしょう)。


身体は一般的なナミヘビ達と比べて少し硬いため大きめのケージで飼育するのが良いように思うのですが、いつまで経っても臆病なのでシェルターは置いておく方がベターな気がします。
飼育を開始して半年程になろうとしていますが、餌は私が部屋にいない時か就寝後に食べる習慣がついており、他のヘビ達のような餌くれダンスはこの先も見ることはないような気がします
ただし人がいてもかなり動き回っているところを見るので、「姿が全く見えない・何を飼育しているのか分からない」というような種類ではなく、観賞的にも楽しませてくれます(たまに音がうるさい)。

IMG_3334.jpgIMG_3335.jpg
撮影中もよく動くので顔が入らない!


こうやって新しく発見したことを書いていても、飼育面に関しては「面倒な種類だな~」と感じるようなことしか思いつきません。
しかしながら、それらネガティブな飼育要素を余裕で上回る魅力的な種類ですし、如何に気難しい種類を立派に育て上げるかもひとつの楽しみだと思っています。

category
ヘビ(コーンスネーク以外)

[拒食は]コーンスネークの食にまつわる話、番外編[現場で起こっている]


今回は番外編としてタイムリーに実際に私の飼育個体で起こった拒食の例とその立ち直らせ方を載せておきたいと思います。
コーンスネークではなくドウキョウナメラでの例ですが、実例はかなり参考になると思いますので次回の拒食にまつわる記事と併せて読んでいただくとより実感が湧くかと思います。


今回の経緯
2019年12月14日のハムショーでドウキョウナメラのベビーサイズをペアで入手し飼育を始めたことが始まりです。
持ち帰った翌日から給餌を開始し、1週間の間に雌は2匹、雄は1匹の冷凍ピンクマウスを食べました。
ここまでは順調だったのですが、その後は全く食べなくなり、年が明けてしまいました。

体型の変化
もともとコーンに比べて頭も小さく細身な体型の上によく動き回るので、痩せ出したら死ぬまでは早いだろうなと考えていたのですが、意外と省エネなのか、それとも飼育温度が若干低めに設定されているためか(22~27℃)、目で見てわかるような変化は1月の半ば頃までほぼありませんでした。
1月の半ば頃には少し痩せてきており、動き回る元気はあったのですが、私の基準では強制給餌をするのであればそろそろかなという状態でした。
脱皮はうちに来てから雄雌共に2回していますが、この種は乾燥に強い(好むとも)と言われており、栄養状態が悪くてもきれいに一本脱ぎをしています。

対策を考える
こういったベビーサイズでは考えている時間も勿体ないので、2週間も食べない日が続けば私は対策を始めるようにしています。
特に現在はドイツに住んでいますので、日本の様に何でもネットで購入できる訳ではなく、言語の壁もあるため早め早めの対応を求められます。
後編の記事でも書きますが、私の断然お勧めは活餌ですので、今回もベストを尽くそうと思い、マウスの準備(アダルトマウスペアの購入)を始めました。

活餌の準備期間
マウスを繁殖させて活ピンクを得るのには20日前後かかるため、その間も冷凍マウスを1日おきに置き餌で与えていましたが全く食べませんでした(ネルソンミルクが残した餌を全部食べてくれるので凄い勢いで成長しています)。

IMG_3261.jpg全く好き嫌いがない健康優良児

並行して鶏肉や毛色の違う冷凍マウスも試してみましたが効果はありませんでした。
また、カエルを実験動物として使用している友人に廃棄する個体はないか尋ねたり、「カエルにマウスをこすらせてくれない?」と意味不明な質問もしてみたりしましたが、爆笑され断られました。

活餌給餌開始~現在
そんなことをしている間にも拒食期間は1カ月ほどとなり、そろそろ目に見えて痩せてきたところでようやくマウスが生まれました。
そして早速ドウキョウナメラのケージに活ピンクを投入したところ・・・5秒で食べました・・・

それから約1週間が経ちましたが、ほぼ毎日のペースで活ピンク~ファジーを食べており、体型もすっかりふくよかになりました。

IMG_3240.jpgIMG_3242.jpg
アリゾナドウキョウナメラ♀
体型は細身のままですが割と成長しています。

IMG_3243.jpgIMG_3259.jpg
アリゾナドウキョウナメラ♂
成長に伴って模様が変化していく途中で、今が一番パッとしない体色になっています。沢山食べて早く両親みたいなきれいな体色に成長してほしいです

これから活餌がなくなるために冷凍へと切り替えていこうと思っています。


まとめ
原因は特定できませんが、おそらく日照時間や季節の敏感な変化を感じ取って食欲が減退したのだと思っています。
加えて、もともと冷凍マウスへの興味も薄かったため、完全には餌付けが済んでいなかったのだと思います(ベビーサイズ、特に”飼育が難しい”と言われる種類のヘビではよくあること)。
もし活餌を食べなかった場合には活ヤモリや活カエルを用意しつつ強制給餌に踏み切ろうと考えていたので、無事に解決してほっとしました(切実)。
痩せてきた過程も写真で保存してお見せできれば良かったのですが、出来るだけケージに触りたくなかったのでほぼ文章となりました、ご了承ください。

今回の番外編は出来事をそのまま書いてますので意味不明な箇所もあるかと思いますが(カエルにマウスをこする!?)、次回の後編を読んでいただければご理解いただけるかと思います。
ではではまた次回m(_ _)m
category
ヘビ(コーンスネーク以外)

[アリゾナドウキョウナメラ]Senticolis triaspis intermedia[とは何ぞ?]

前回お迎え記事を書きましたアリゾナドウキョウナメラ(Senticolis triaspis intermedia)について今回は私の持っている知識とネット情報を総動員して記録として残しておきたいと思います。
これから飼育したいと思っている方や画像をご覧になって興味を持たれた方にも有益となるよう、出来るだけ詳しく記載しておきます。
また、私自身もまだまだ情報を集めている途中ですので、どんな些細な情報でも構いませんので飼育されたことのある方や有識者の方からの情報を随時お待ちしております。
専門用語等で不備・不適切な箇所があった場合にもご指摘いただけると幸いですm(_ _)m

874663__2.jpeg874663__1.jpegピーター氏の親個体(転載画像は全て使用許可取得済み)


1、名称・系統分類
和名:アリゾナドウキョウナメラ
学名:Senticolis triaspis intermedia
英名:Western green ratsnake
暫くの間Elaphe属として分類されていたようですが、現在ではSenticolis属としてtriaspis種3亜種を含む単一属として分類されています。
ヨーロッパでは他の緑のヘビと区別をはっきりするためにあまり英名は使われておらず、普通にSenticolisと呼ばれることが殆どです。

2、大きさ・形・模様
文献によるとコーンやカリキンなんかの一般的なヘビよりかは少しばかり大きくなるようです。ただドウキョウナメラの場合は尻尾の占める割合が長く体形もスレンダーなため、そこまで違いを感じることはないと思います。
さらに頭の形もスラっと細長く、顔は何となく不安げな表情をしているように見えます(当社比)。
生まれた時にははっきりと模様が入っていますが、成長と共に模様は消え、全身が神秘的な緑~黄金色となります。
他にも亜種としてユカタンドウキョウナメラとホンジュラスドウキョウナメラがいますが、アリゾナドウキョウナメラが上記の体色を呈すことから最美種とされています。

3、生息域と保護
”アリゾナ”ドウキョウナメラと言われるだけあって、アリゾナの南方面から海岸沿いにメキシコ、そしてユカタン半島や南はコスタリカ辺りまで生息が確認されているようです。
野性下では一部の地域で保護の対象となっており、それが原因でWC(野性採集個体)は市場に出回ることがまずないそうです。
一方で、こういった保護活動の恩恵を受けてか世界的には絶滅は危惧されておらず、例えばヨーロッパから日本へ輸出する際にも特別な書類を必要としません。

874663__3.jpeg


4、飼育方法
日本語のデーターベースでは全くヒットせず、飼育情報を得ることが出来ませんでした。
海外の掲示板でも「2歳で突然死した」といった報告や、「温度はかなりシビアに管理する必要がある」、「いいヘビだが万人に勧められるほど飼育は甘くない」等、殆どが不安を煽るような情報でした。
海外のサイトとうちの個体達のゴッドファーザーであるピーター氏から得ることが出来た情報が以下になります。

ケージ・現環境:プラケ大程のケージで蓋は通気性をよくするために穴をいくつか開け、底面の1/3程にプレートヒーターが接するように配置しています。
床敷きはキッチンペーパーで、その上に購入した際にカップに入っていたチップを少しだけばらまいています(今までのにおいや質感を感じることによって落ち着くかなと思い、新規導入個体にはいつもやっています。根拠はありません)。
シェルターはプラスチック製のものでヒーターの反対側に置いてあり、よく中に入っているのを目にします。

温度:24~27度と比較的低温な環境が良いらしく、あまり高い温度は好まないとのこと。自分にとってアリゾナは結構暑いイメージがあったので以外でした。
食後は暖かい箇所で過ごすことが多いらしく、ケージ内に温度の傾斜をつけてあげるとよさそうです。
現在うちのケージは一番温度の低い箇所が22度で、ヒーター直下は35度くらいですが、何時見ても22度の場所に鎮座しています。

湿度:これもアリゾナなので40-50%ぐらいの比較的乾燥した状態が良いそうです。海外の情報だともっと乾燥していても問題ないとのこと。

餌の頻度:本日でうちに来てからちょうど1週間になりますが、♂は1回、♀は2回ピンクのS~Mサイズを食べました。
吐き戻ししないのであればアダルトサイズまでは食べるだけ与えてもいいのではないかということでしたが、コーンやシシバナ等の初心者向きとされているグループと比べるとかなり神経質な性格だと思います。
人影を見るとすぐにパニック状態になりますので、暫くはピンセットから直接食べる、という姿はまず見ることができなさそうです(人が同じ部屋で活動しているに状態だと置き餌したマウスを見に来て鼻でこつくのですが、絶対にその場では食べません)。
ピーター氏曰く、小さい餌を与えないと食べないことがよくあるらしく、暫くは頻度を上げてこまめに給餌していこうと思っています。
また、ドウキョウナメラは昼行性らしく、うちの個体達は朝置き餌を開始すると私が仕事に行っている間(朝~夕方)に餌がなくなっています。
私が寝る前に置き餌を試してみたこともありますが、朝になるとなくなっていたことがありますので、本人達は食事時間を特に気にしてないようです。
マウスをそのまま放置すると床材が汚れることがあるので、うちではプラスチックの小さいシャーレに置いています(ケージ内をなるべく清潔に保つことが出来るのでオススメです)。

性成熟:ピーター氏は2年ほどで繁殖まで持っていけると仰っていました。トランスペコスのようにコーンより大分長い時間が彼らには必要かと思っていたので意外でした。
10歳前後の個体でも繁殖に使用できるとのことですが、一回の産卵では5匹前後しか正常な子供が採れないようで、魅力的でも市場に出回りにくいのはやはりそれなりの理由が見受けられます。

冬眠:15度を切らないようにした方が良いとのこと。アリゾナの年間気温を見た感じでは、もしかするとボールパイソンと同じような感じで20度前後で2カ月くらい冷やせば繁殖までいけるんじゃないかとも思っています。
他にも雨季/乾季の季節や照明時間なども現地の情報と併せて色々試せることがありそうです。

5、行動
立体行動をする種ではないと思っているのですが、帰宅した直後にそっと覗くとケージ内をいつも歩き回っています。
まだ来てから日も浅いので落ち着いていない可能性もありますが、これだけよく動くのであればアダルト個体にはボールパイソン企画ぐらいの大きさのケージを用意した方がいいかもしれません。

6、書籍
飼育情報が載っているか分かりませんが、ビバリウムガイド並びにクリーパーの過去記事でドウキョウナメラがフィーチャーされたことがあったようです。
日本に帰国したらバックナンバーを調べてみます

7、その他
以前はWCが出回ることがあったようですが、寄生虫がついてくることが多かったようです。
興味深いのは駆虫をすると個体が暫くして死んでしまうそうで、アメリカの掲示板ではヘビと寄生虫が共生関係にありお互いに生きていく上で何かしら助け合っているのではないかとの議論がされていました。
うちの個体は完全CBなので寄生虫はついておりませんし、元気に育っているので寄生虫が必ずしも生存に必須という訳ではなさそうです(若しくは駆虫薬自体がドウキョウナメラに害を与える?)。
真偽の程は分かりませんが、過酷な自然環境の現地ではあってもおかしくない話だと思いました。

IMG_3009.jpg


最後に、断片的な情報だとしても集めて整理していくことによって、いくつかの部分はソースが異なっていても集積してくため、信頼性を帯びてきます。
コーンスネークなんかのポピュラーな種類でもまだまだ不明な点や、飼育・繁殖を効率化するために改善できる点が沢山あると思うので、不思議に思った点や独自の飼育情報などが御座いましたら教えていただけると嬉しいです。

category
ヘビ(コーンスネーク以外)

[あけまして]祝2029[おめでとうございます]

もう年が明けて大分経ちましたが・・・あけましておめでとうございます!!

昨年は沢山イベントにも参加できましたし、ヨーロッパでの爬虫類生活にも大分馴染めてきた良い一年でした。
仕事の方も一区切りつきそうな目途が経ってきましたので、日本への本帰国も少し早いですが考え始めて行こうかと思っているところです(二区切りついたら帰ります)。
本年も適当な頻度でのんびりと更新していけたらと思いますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m



折角なので年末年始の画像をいくつか載せておきます。

IMG_2742.jpgIMG_2744.jpg
IMG_2745.jpg
シシバナ、アルビノコンダ♂もむちむちしてきました。やっぱり雌に比べると成長は遅いですねー。


IMG_2751.jpgIMG_2752.jpg
IMG_2753.jpg
先週はひどい雪で通勤も大変でした。
雪が溶けて固まると地面はバッキバキのツルツルです。


IMG_2736.jpgクリスマス前には駅前でツリー(生)が売られます。
ちなみにハロウィン前にはかぼちゃ(生)です。
IMG_2738.jpgIMG_2737.jpg
毎年恒例のクリスマスマーケットにも参加。




IMG_2733.jpgIMG_2735.jpg
いつも仲良くしてくれているトラ猫さんですが、冬はどうなることかとかなり心配でした。

IMG_2747.jpg
12月初めまでは駅の券売機の下でちまきみたいになっていましたが、雪が降り始めるとどなたかが保護したようで、また春に再開できたらいいなと思います。

category
ヘビ(コーンスネーク以外)

PING送信プラス by SEO対策

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村 ブログランキング
ブログランキング