Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

[ミュンヘンの]とにかく広かった[動物園に行ってきた]

フランスの記事を書き終え、ドイツに関しても書こうと思っていたのですが、中々筆(キーボード)が進まず放置しております。
特に動物関係以外の記事を書くのはモチベーションが上がらず、時間と共に記憶も薄れていきつつあるので、「需要もなさそうだしもういいかな」的な考えに落ち着きつつあります
ですが、数カ月前に行ってきた動物園は爬虫類に関しても面白いものが見れたので、記録として残しておきたいと思います。

観光でも有名?Tierpark Hellabrunn動物園に行ってきました。
https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g187309-d260473-Reviews-Tierpark_Hellabrunn-Munich_Upper_Bavaria_Bavaria.html

IMG_2090.jpgIMG_2089.jpg
天気もいいし、最高の動物園日和でした。動物園の横を流れる川はBBQや日光浴の人達で賑わっており、ドイツならではの全裸の人達もちらほら。

IMG_2092.jpgおしながき
年間パスを買おうか迷いましたが、とりあえずは大人一日券で。


IMG_2098.jpgIMG_2096.jpg
入園したと同時に、まずは小動物コーナーへ。休日とあって沢山の人が訪れていましたが、敷地が広いため窮屈さは最後まで感じることがありませんでした。動物園らしく、動物たちは人を見ても物怖じしない個体が多く、手の届く距離でまじまじと見ることが出来ます。

IMG_2093.jpgIMG_2094.jpg
IMG_2108.jpg鳥、キリン、サル


IMG_2099.jpgIMG_2102.jpg
洞窟コーナーではセキセイインコとコウモリが放し飼い

IMG_2101.jpg展示されるお疲れのおっさん

IMG_2104.jpgIMG_2106.jpg
サイとかきれいな鳥とか。

IMG_2114.jpgIMG_2116.jpg
ここから爬虫類館!!まずはカイマン(ブラジル?キュビエムカシカイマン?)がお出迎え。この辺からテンションが上がり過ぎて写真を撮りまくり、同行者がドン引き。

IMG_2117.jpgIMG_2120.jpg
巨大なアナコンダが2匹。何か食べた後なのかお腹が膨らんでいました。


IMG_2127.jpgIMG_2126.jpg
IMG_2125.jpgIMG_2129.jpgIMG_2130.jpgIMG_2134.jpgIMG_2133.jpg

毒蛇コーナーへ
ガラガラヘビやカボンアダー何かがいました。実物を見たのは初めてかもしれませんグリーンマンバはメンテ中でお休みでした。

IMG_2124.jpgIMG_2123.jpg
近くの水槽には巨大なスキャットファーガスとモノダクが。昔熱帯魚ショップでよく見かけましたが、アダルトサイズってこんなに大きくなるんですね。


IMG_2121.jpg野球観戦するおっさんの展示


IMG_2168.jpgIMG_2165.jpgIMG_2170.jpgIMG_2169.jpg
おさるコーナーでは皆疲れ切っていて、おっさんコーナーと化していました。


IMG_2164.jpgIMG_2155.jpgIMG_2138.jpgIMG_2145.jpg
ミニ水族館では大好物の大型魚が沢山!!テトラオドンムブの写真を50枚ぐらい撮って、その後にムービーも撮影!周りのドイツ人も「これはそんなに貴重な魚なのか?」といったリアクションでムブに注目が!!


この辺で半分くらいでしたが、自分は体力の80%を使い切ってしまい、残りは省エネで見学することに。
そしてとにかく園内が広く、動物の檻と檻のスペースも広いので、歩くのも大変でした。
そんな中、クジャクは自分の檻に束縛されることなく飛び回っており、ドイツの自由さは動物園でも適応されているのだと実感しました。
IMG_2174.jpg黒い鳥の家を訪れるクジャク
IMG_2173.jpgシカ的な生き物をものともしないクジャク
IMG_2171.jpgワラビーとリラックスするクジャク
IMG_2185.jpg休憩スペースでおじさんと戯れるクジャク

そして肝心のクジャクの説明書きがある檻にクジャクがいないというネタ


そしてここらかまた屋内展示場へ。
中は温室になっており、暖かい地域に住む動物たちがお出迎え。
IMG_2180.jpgIMG_2182.jpgIMG_2184.jpgIMG_2188.jpgIMG_2191.jpg高級そうなリクガメさんが沢山いましたが、皆沢山餌をもらっているようで、うちのケズメリクガメみたいにがっついている個体はいませんでした(うちも沢山ご飯をあげているんですけどね・・・)。


最後に大型肉食獣を見てまわって、終了したのですが、ひとつ気づいたことがありました。
日本の動物園だと「可愛そう」とか「グロテスク」といったものには蓋をする昨今の風潮がありますが、ドイツでは全くそういった配慮が良くも悪くもありませんでした。
見物客が「可愛い~」と歓声を上げているシロクマの親子のスペースには、ホラー映画に出てくるような血まみれの肉塊が吊るされていましたし、↑の画像でも人前でヤマネコがマウスを丸ごと食べているのが分かると思います。
IMG_2198.jpgIMG_2197.jpgIMG_2195.jpg


例え動物園という人工的な場においても、「可愛い」や「きれい」といった魅力的な部分だけでなく、彼らが生きていくことは(如いては人間が生きるということも)どういうことなのかと教えてくれているような考えさせられる動物園でした。

スポンサーサイト
category
ヨーロッパ

[アンポルテ]フランス編その③[シルブブレ]

ゲストハウスは2週間で出ていく予定だったので、早速次のお家へ引越しとなりました。
日本にいる時からフランスの賃貸物件を同僚が探してくれていたのえすが、たったの数カ月滞在では貸したがらない大家さんが多く、いい物件が見つかりませんでした。どうしたものかと思っていたのですが、なんと職場のボスが簡易宿泊用に持っているアパートを貸してくれることになり、ドイツへ移動までの間は非常に快適な時間を過ごせることとなりました。


IMG_1046.jpg
フランスにいる間に宿泊したところは全てシャワールームがガラス張りなんですが、なんなんでしょうこの解放感は。


IMG_1103_convert_20170613042830.jpgIMG_1104_convert_20170613042850.jpgIMG_1105_convert_20170613042911.jpg
近所のスーパーのチーズコーナーが凄まじい!!職場の食堂でも日本との違いにびっくりしました。シェフが目の前で作ってくれたり、クリスマスメニューにはフォアグラも

IMG_1038.jpgいきつけのケバブ屋さん(徒歩15秒)
フランスでは日曜日にスーパーは開いてませんし、平日も20時には閉まってしまいます。しかしこのケバブ屋さんは23時まで開いており、しかも美味しい!!しかも安い!!マスターが気さくな人で、言葉は通じませんがドリンクをサービスしてくれたり、自分の家族を紹介してくれたりと、毎回楽しく通っていました。最後にハグまでしてくれて、ストラスブールに行く機会があったらまた寄って行こうと思います。

IMG_1112_convert_20170613043026.jpgIMG_1113.jpg近くにあったペットショップその一
ペットショップは探したんですが、中々みつからず、ようやく見つけたお店も生き物は売っていませんでした。ヨーロッパ自体、動物愛護には力を入れていて、犬猫なんかは店頭では置いてはいけないような制度になっているようです(フランス人同僚談)。ウッドチップなんかは日本では見たことのないラージサイズが売られており、キロ単価でみるとかなり安かったです(写真のやつでミディアムサイズぐらい)。いったい何を飼うんだろう?ハムスターだと一生分、というか何世代か飼えそうな量でした。


IMG_1135.jpgIMG_1134.jpg
IMG_1133.jpgIMG_1137.jpg
IMG_1132.jpgIMG_1136.jpg

フランス人同僚お勧めの二件目
植物と動物が売られているかなり大きめの総合ペットショップという感じでした。価格は日本円に換算するとちょっと高めでしたが、店員さんも非常に親切でした。ヨーロッパだけあって、ウサギは日本よりだいぶ安いです。ホーランドロップは思わず飼いたくなってしまいましたが、我慢我慢
高いところに上ってアピールしてくるネザーも可愛すぎて写メを撮りまくっていたのですが、3回ぐらい店員さんから「触ってみますか?」と聞かれました、ご迷惑をおかけしました

IMG_1150.jpgIMG_1299.jpg
そんなこんなで生活になじんできたかなという頃にはドイツへの異動が迫ってきており、最後の2週間はフランスで知り合った日本人の方にお願いして、修道院やお城を観光案内していただきました。建物自体にはあんまり興味がない自分ですが、道中の山道ハイキングは凄くエキサイティングでしたし、行ったら行ったでやっぱり歴史的建造物の中はRPGのモデルになるような年季を感じることが出来ました。お城では様々な甲冑や大砲などが展示されていましたが、その中でも一番印象に残ったものを貼っておきます。この甲冑は絶対に敵を笑わせにかかっていると思います


とまあこんな感じで速足でしたがフランス編は終了です。ご覧になってくださった皆様、どうもありがとうございました
category
ヨーロッパ

[ボンジュール]フランス編その②[ボンソワー]

私がフランス・ストラスブールに異動する前から、職場がドイツへ異動することが決まっており、短い期間でフランスを満喫しなければいけませんでした。とは言え、滞在許可やら住民登録やら保険やら安全講習やら何やらかんやらと、事務処理をしているうちにあっという間に終わってしまったな~と、今でもフランスが恋しいです。


IMG_0979_convert_20170613042339.jpgこれから始まる引越し祭りの第一弾。ゲストハウス。
前回の続きですが、まずは職場へ挨拶に行き、その後は勤務先のゲストハウスにしばらく滞在。この年は非常に暑かったのですが、一般的な宿泊施設や民家にはエアコンなどないため死にかけました。室内は早朝から40度近くになるなか、死に物狂いで四角いマシンを発見し、クーラーだと思って電源を入れたら段々と暖かくなってきて、誰もいないのに「ヒーターかよ!」と、思わず突っ込んでしまいました。夕方は庭で涼みながらご飯を食べて、どこからともなくやってくる人懐こい猫と遊ぶことでHPを回復。


IMG_1079_convert_20170613042644.jpg
街にでると流石ストラスブール!といった歴史的建造物だらけです。

IMG_1078_convert_20170613042710.jpg
プレデターが靴を磨いてもらっていたり、銅像に扮したおっさんが道端で固まっていたり、アコーディオンやバイオリンを弾いている人なんかも色んなとこで見かけました。

IMG_0956.jpgIMG_0947.jpgIMG_0974.jpgリアルファイナルファンタジー
古いだけではなく最近ではプロジェクションマッピングまで取り入れられ(しかも毎日・無料)、友人と飲みに行くたびに見に行っていました。


日本人で滞在されている方たちはそこまで多くはいませんでしたが、皆さん親切で大変よくしていただきました。今でも皆様に頂いたグッズは使用していますし、聞かせていただいた面白話やヨーロッパで生きていく知恵などは貴重な思い出です
category
ヨーロッパ

[メルシー]フランス編その①[オヴァ]

記憶は時間と共に薄れていくので自分への備忘録も兼ねて画像と共に綴っていきたいと思います。

時は遡ること2015年8月・・・・飛行機に乗る前々日まで仕事の片付けが終わらず、支度も整わず・・・もう行ったら行ったでどうにかなるだろう!と半ば開き直ってそのままフランスに降り立ちました。だいたいこういういい加減な性格がイベントで販売する時にも随所に表れていると皆様ご存知かと思いますが、今回もスタートからそんな感じで始まってしまいました

IMG_0928_convert_20170613041851.jpgパリで一泊して半年間の仕事場となるストラスブールへ!

英語は下手くそだけどまあ意思疎通ぐらいは何とかなるだろうと思っていました。が、フランスでは聞いていた通り、街中では殆ど英語が通じません。お腹も空いてきたし、注文難易度最低レベルであろうマクドナルドならジェスチャーも加えれば確実に注文出来るのではないかと考え突撃しました。とりあえずビッグマック単品を2個で!!

IMG_0929.jpgセットを2個渡された之図
百歩譲ってポテトは何とか食べるけど、オレンジジュースはこんなにいらない・・・1Lぐらいあるし・・・全部Lサイズだし・・・

いい加減レベルMAXの自分は、何とかなるだろうのノリで日本円5万円分しかユーロに変換しなったので、到着一日目にして金銭面でも不安になるのでしたーーー続く
category
ヨーロッパ

さてと

お久しぶりです!!
本当にお久しぶりです!!

しばらく更新していない間に登録していたメールアドレスも使えなくなり、ログインも出来なくなっておりましたが、運営さんのご協力により何とか再開できるようになりました。
今回は簡単にですが、休止期間中の出来事や何故急にブログを再開するようになったか等、綴ってみたいと思います。

動物取扱業を廃業した大きな理由は海外で仕事をするためでした。2年ほど前にフランスで5か月間仕事をしてから、ドイツへ異動し、今に至っております。ある程度成果が出せれば日本に戻ろうと思っているのですが、まだ数年はかかりそうです。
沢山お問い合わせをいただいている動物の繁殖・販売は、日本に戻ってから再開したいと思っています。種親は日本でキープしてもらっていますし、このまま爬虫類業界を引退、なんていうことは絶対にないと思います。
折角ブログにもログインできるようになりましたし、今後はヨーロッパの動物事情を中心に観光なども更新していきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

フク爆睡_convert_20170605212216

category
ヨーロッパ

PING送信プラス by SEO対策

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村 ブログランキング
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。