Entry Navigation

[今年の]私は何もしていない[繁殖状況]

ドイツは既に秋を通り越して冬モードです。もうすぐまた-20度の季節がやってくるかと思うと・・・
「今年は風邪をひいてないんだ!ヨーロッパに体がフィットしてきたぜ!!」とか同僚に自慢していたのですが、前々回紹介したハムショーの日に実は熱が出てました・・・

今年も細々と繁殖計画を練っておりましたが、上手くいったりいかなかったり、はたまた偶然だったりと、いくつかの報告を備忘録も兼ねて綴っておきたいと思います。



1、アルビノネルソンミルク
数年前にイベントで購入し、細々と育てていたのですが、試しに交配を試みたところ上手くいったようです。雌が小さいのと初産だったので4匹しかこどもは孵化しませんでしたが、思ったより早く繁殖に成功できたので万々歳でした。
170912_ミルクスネーク_convert_20170913011258子供たち
ネルソン♀_convert_20170919020134母親
ネルソン♂_convert_20170919020200父親



2、ケープゴファー
上手くいきませんでした。雄はだいぶ前にネットオークションで落札し、雌は数年遅れで爬虫類ショップのホームページから発見し速攻で購入しました。おそらく雌がまだ小さすぎるのが原因だと思います。今でこそイベントでもアルビノを含めてたまに見かけるようになってきましたが、数年前は全く手に入りませんでした。ずっと無計画に購入した雄に寂しい思いをさせてきたので、来年には殖やせるように計画中です。
ケープゴファーA_convert_20170919020041父親(仮)
ケープゴファーB_convert_20170919020105
母親(仮)

マイナーなヘビですが、身体の途中から体色が変わるなど、1匹で2匹分の色が楽しめるお得な三毛(?)ヘビです



3、ナガクビガメ
最近はチリメンナガクビ?でいいんでしょうか?昔からジーベンと呼んでいるので私はそっちの方がしっくりきます。
カメは全然繁殖させる気がなく沢山飼っているのですが(唯一繁殖させたかったキボシイシガメが3匹全部雄で心が折れた)、ある日卵を産んでいました。もう既に半年ぐらいインキュベートしているのですが、しぼんだり腐ることもなく経過しています。カメの繁殖の知識は全くないので、孵化したらどなたかアドバイス下さい
170918_convert_20170919015932.jpgちゃんと孵化するのかな?



4、コーンはお休み
そもそも日本に全部置いてきましたので、どうしてもやりたかった上記のネルソンミルクとケープゴファーだけ家族にお願いしてチャレンジしてもらいました。ホワイトアウト(ディフューズ+ブリザード)は数年前にキープしていたベビーが大きく育ってきており、新しく購入したスケールレス達と共に数年後にはそれぞれ安定して供給できるように頑張ります



スポンサーサイト
category
動物一般

ちょっと休憩します

急な連絡になってしまい申し訳ございませんが、動物取扱業を廃業することになりました(ブラックな理由ではありません)。
販売を楽しみにしていて下さった皆様、申し訳ございません。
目途は立っておりませんが、一応、暫くしたら再申請する予定です。

とんぶり市も急な予定が入ってしまい、お手伝い出来ない流れになってしまいました。
ブログは中々更新出来ておりませんが、続けて行く予定です。


140828_154319.jpg
大変お世話になった上司にプレゼントしたヘラクレス
category
動物一般

最近の出来事とこれからの予定

お久しぶりですm(_ _)m

久々の更新となりましたが、画像はありません・・・
というのも、またBluetoothの調子が悪いので御座います。
沢山携帯に保存はしていますので、また機会を見てUPしていきたいと思います。

ガラケーを卒業しようかと先日ソフトバンクショップにはいったものの、特に今すぐに機種変更するメリットもなかったので、スマホへの意向はアイポン6が出てからにしようということにしました。

ヘビはというと、ガータースネークを買いあさっております。
アダルトのガータースネーク(特にコモンガーター、ペア)を探していますので、どこかで販売情報等ありましたら教えていただけると幸いです

自分がスタッフを務めておりますぶりくらは5月に特別イベントの開催が決定しております。
たねくら市
ぶりくら市、とんぶり市とは少し違った趣旨でして、種親の販売もあります。
出店する予定はありませんが、当日は勿論参加しますので、会場で見かけましたら是非お声をかけてください



category
動物一般

[現在]ミドリガメ飼育[今後]

最近は魚やイベントなど、爬虫類関連の記事、特に学術や世論を反映するような問題提起は全くしていなかったので、今回はタイムリーな話をしようかと思います。

皆様、環境省がミドリガメを特定外来生物に指定することを検討しているのは御存じですか?
まだ検討の段階ですし、すぐに指定されるということは無いにしても、池や川で見られるミドリガメの異常な生息状況から、「いつかは指定されるのではないか」と皆が思っていたと思います。
指定された後は登録が必要?マイクロチップ?逃がしたら罰則?などなど、私も早く詳細を知りたいのですが、具体的な内容はまだ決まっていないと思います。

今私たちに出来ることは、多くの情報を共有し、ペット業界にもお役所にも属していない一飼育者としてニュートラルな意見を伝えることです。
そのために動いておられる組織として、以下のホームページがあります。
簡単なアンケートを実施されていますので、ご参加頂ければと思います。

http://blog.goo.ne.jp/pochi3939
(なにがでるかなとは全く面識がありません)

aka
category
動物一般

[乾季を乗り切る]卵生メダカ(卵目)とは![奇跡のメダカ]

ヘビのブログでまさかめだかについて熱く語ることになろうとは全く予想していませんでしたが、この素晴らしい生き物を紹介せずにはいられないので、しばしお付き合い下さいませ。

卵生メダカ、通称卵目とは、卵を産むメダカのことを指します。
「えっ!それって普通でしょ?」と思われるかもしれませんが、メダカには他にも卵胎生メダカ(卵をお腹の中で孵化させて子供が親から出てくる)や真胎生メダカ(哺乳類と同じく胎盤と臍の緒を介して母体と子供がやり取りすることで育ち、臍の緒がついた状態で産み落とされる)といった種類も存在するため、こういった呼び方で区別されています。
こうやっていろんな生き物を調べていると、学校で習った「魚類は卵でうんたら~」って何だったんだと思いますよね

で、今回紹介します卵目は主にアフリカに住んでいるグループで、年魚、非年魚といった呼び方をされるグループにあたります。
現地の気候は魚が生存するには厳しい乾季が存在し、これを乗り切るために発達した魚達がノソブランキウスやアフィオセミオンといった仲間達です。
これらの種類が産む卵は、乾季の中乾燥しても生存し続け、雨期になると大量の水が流れ込んでくることで孵化します。
そう、この生態を飼育下でも再現するのです!!

寿命は1年~と比較的短いため、彼らは子孫を残すために頻繁に産卵します。
この卵を水槽から取り出し、軽く水気をきってから、タッパーやジップロックで2カ月~半年(種類によって変わる)保存します。
この期間、定型外郵便なんかでも発送出来てしまうので非常に輸送に便利!!
その後、卵が発生を開始し、目玉がギョロギョロしてきたら、あとは水を注いでシェイクします。
早い個体で数時間、遅くとも次の日には沢山の稚魚が孵化しているはずです。

メスはメダカっぽくて地味ですが、雄は熱帯魚界の宝石と呼ばれるくらい美しい体色をしています。

140130_225806.jpgノソブランキウス・ラコビー(アルビノ)
140130_225727.jpgアフィオセミオン・ショーステディ

安定供給出来るように頑張ります!!



category
動物一般

PING送信プラス by SEO対策

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村 ブログランキング
ブログランキング